清泉女学院大学 清泉女学院短期大学

  1. 総合案内TOP
  2. 清泉の取り組み
  3. 地域連携センター
  4. 授業開放講座

授業開放講座

清泉女学院の教育・研究を広く地域に開放するためのひとつとして、本学の学生向けに開設している正規授業を開放しています。
年齢・性別にかかわりなくどなたでも受講できます。

募集要項

  • 年齢性別不問
  • 原則として開講日の1週間前
    ※受付期限以降のお申し込みについては、地域連携センターまでご相談ください。
  • 募集定員のある講座は、先着順に締め切ります。
  • 1講座 10,000円
  • 本学の都合により開講中止となる場合がございますので、ご了承ください。
    ※その場合には、事前にご連絡いたします。
  • 定員に空きがあり、講師が認めた場合に限り、途中参加が可能です。
    ※地域連携センターまでご相談ください。ただし、受講料は全額お支払いいただきます。
  • お振り込みいただいた受講料につきましては、本学の都合で閉講になった場合等以外は返金をいたしませんのでご了承ください。

お申し込み手順

1 お電話にてお申し込み下さい

  • 後日、ご自宅に専用払込票を郵送します。
  • 郵便局にてお振込みをお願いします。
    ※本学受付窓口では現金での受講料のお取り扱いをしておりません。

2 受講のご案内がご自宅に届きます

  • ご入金確認後、「申込み受付書」「受講のご案内」「受講許可証」「駐車場許可証(希望者のみ)」を郵送いたします。

3 授業開始

  • 受講の講義室に直接お越しください。(お送りしております資料をご参照ください。)
    ※不明点がございましたら、マリア館2階の地域連携センター(裏面参照)にお越しください。

その他

  • 講座の変更:原則として講座の途中変更はできません。
  • テキスト販売:テキストの指定がある場合は学内の販売所にてご購入下さい。
    ※テキストのご案内については、郵送される「受講のご案内」をご覧下さい。
  • 修了証書:出席回数など所定の要件を満たしている場合、講座修了証を発行します。
  • 施設利用について:授業日は、図書館、カフェテリア、マリアンホールがご利用いただけます。
  • 駐車場のご案内:郵送されるご案内を参照ください
  • 全館禁煙です。

お申込み・お問い合わせ

清泉女学院大学・清泉女学院短期大学 地域連携センター
〒381-0085 長野県長野市上野2-120-8
TEL 026-295-1325(直通)・026-295-5665(代表) FAX 026-217-2846
E-mail chiiki@seisen-jc.ac.jp

2017 春学期 授業開放講座 ご案内

語学分野

英語基礎Ⅰ

中学1年生のレベルまでさかのぼって、英文法の基礎の総合理解と、その理解に基づく英文の講読と英作文を行います。「英語基礎Ⅰ」と「英語基礎 Ⅱ(秋学期)」は一つのセットの授業を2科目に分けたものです。したがって、「英語基礎 Ⅱ(秋学期)」を受講する場合は、必ず「英語基礎Ⅰ」を先に受講してください。

講師: 田村 亮子

英語基礎Ⅲ

「英語基礎Ⅰ」「英語基礎Ⅱ」での文法の基礎理解を前提として、英語検定2級レベルの英語文献を正確に読めるようにすることを目指します。「英語基礎Ⅰ」「英語基礎Ⅱ」を受講していない場合は、原則受講できません。

講師: 田村 亮子

中国語Ⅰ

中国語学習の入門編。基礎知識、特に発音とリスニング能力を養い、中国語検定試験準4級〜4級および中国語資格HSK試験2級〜1級合格程度の基礎知識を身につけることを目標とします。
注意:中国語を学んだことのない方限定とします。

講師: 王 秋菊

スペイン語Ⅰ

スペイン語学習の入門編。スペイン語についての基本概念を学び、読む、書く、話すといった能力を身につけます。スペイン語圏文化についても紹介します。
注意:スペイン語を学んだことのない方限定とします。

講師: マナベ・バージニア

心理学分野

道徳性心理学

精神分析、認知発達、社会心理学のそれぞれの立場から道徳性の理解を試みます。複数の心理学理論の理解と統合を通して、道徳性全体を理解し、具体的な問題を考えていきます。

講師: 田村 俊輔

グループ ダイナミックス

「三人寄れば文殊の知恵」と言われますが、本当に話し合うと正しい答えにたどり着くでしょうか。私たちは集団で活動することが多いですが、そこにはポジティブな影響とネガティブな影響があります。本科目は、集団と個人がどのように影響を及ぼしあうかについて研究を紹介し、組織運営のヒントとなる考えを提案します。

講師: 石井 国雄

心理学概論Ⅱ

心理学概論Ⅱは過去130年余りの心理学の歴史のうち、主に「無意識」を扱った心理学の流れをつかむことを目的としています。古典的なグランド・セオリーを残した幾人かの心理学者の考え方、現代の実証的な研究を統合しながら、そこに理解可能な一筋の流れを示せるよう努めています。「無意識」を「夢」「記憶」「心的外傷」等の心的現象を通して説明していきます。

講師: 田村 俊輔

臨床心理学

臨床心理学とは、心に悩みや問題を抱えた人を理解し、援助するための心理学の応用分野です。心の悩みや問題の種類、さまざまな心理療法の特徴、心理的援助のための共通した態度など、心の問題を取り扱う場合に知っておきたい基本的知識の習得を目指します。

社会心理学

我々は、他者がどのような集団に所属しているかに基づいて、評価を変えたり(偏見)、見方を変えたり(ステレオタイプ)、行動を変えたり(差別)しがちです。こうした集団成員性に基づく評価・認知・行動の変容は、人の基本的なカテゴリ化のメカニズムから生じています。本科目では、こうした偏見・ステレオタイプ・差別の発生のメカニズムと、その解消の手立てを考えていきます。

講師: 石井 国雄

教養分野

English Pop Culture

イギリスの音楽とダンス、アメリカン・ルーツ・ミュージックとアメリカン・ムービーの作品を取り上げ、English Pop Cultureの特徴を概観します。

講師: 中村 洋一

人間学a

人間の知性の仕組みを理解し、その仕組みを使って人間が生み出す社会・文化の基本の成り立ちと、その仕組みの乱用によってどのような問題が生じるか、宗教と哲学の観点から自身が抱える問題と関連させ、その問題の克服のプロセスを考えていきます。

講師: 田村 亮子

人間学b

具体的な物語、詩、音楽、映画など身近な教材を用いて、人間の根源的な問いと格闘します。生きがいと仕合せ、孤独と疎外、空虚感、愛、悪、苦しみの意味、救いと祈り、生命の尊厳と死など、神谷美恵子、V.E.フランク、H.ケラーなどを通して考察します。そこには必ずしも明快な解答があるわけではありません。何も問わなくてもいい時が来るまでは問い続け、その問いと共に生きてゆきます。これが一つの「答え」となります。

講師: 古橋 昌尚

清泉講座

世界に広がるキリスト教のさまざまな活動を概観することを通じて、キリスト教と歴史、文化、現代社会との関係を理解し、世界が抱えるさまざまな問題の見方、人生設計の仕方の一つとして、キリスト教の基本的価値観を参考にすることができるようになることを目指します。

講師: 田村 亮子

キリスト教と現代

イエスが言ったこと、行ったことはどのようなことだったのか?キリスト教のメッセージが現代に生きる我々に何を問いかけるのかを詳しく考え、生き方を考える指針の一つとします。

講師: 田村 亮子

比較文化論

言語や食やファッションなどの具体的な文化比較を行い人間の行動と文化の関係を解明しながら、日本、欧米、アフリカにみる多様な文化のあり方を検証し、異文化理解の方法を学びます。

講師: 小泉 真理

文化共生論

今日、一層切実な問題となった「文化共生」実現のため、そのツールとなる文化理論を学び、身近な映画や落語などを窓にして、ナショナリズム、エスニシティ、ジェンダー、オリエンタリズム、歴史認識、難民、グローバリズム、格差社会、周縁、公助と互助、ポピュリズムなどの問題を考えていきます。

講師: 芝山 豊

現代アート

現代アート表現の特徴や変遷、主たる作家名や作品名、用語や年代、表現方法や素材などの基礎知識を習得し、時に難解とされがちな現代アートの作品・世界をよく知り、体系づけて他者に伝達できるようになることを目的とします。

講師: 山貝 征典

カラーコーディネイト

美的要素にとどまらず、見えかたや見かた、気持ちと心との関係、安全・安心や環境、さらに経済にもかかわる「色」の分野について、専門用語や科学的知識などを身につけ、アートやデザインの分野に応用できるように実習も交えながら学びます。商品開発やビジネスの現場で活躍するカラーコーディネーターを目標とし、東京商工会議所主催のカラーコーディネーター検定試験3級受験へつなげます。

講師: ベ・ホジュ

英米児童文学

よく知られている児童文学作品から英米の代表的な物語や詩を読んで、それぞれの英語表現に親しむとともに、作品の背景についても考えます。