清泉女学院大学 清泉女学院短期大学

  1. 総合案内TOP
  2. 総合のTOPICS
  3. 重要なお知らせ

INFORMATION

テキサスから教会関係者の方々が来校

2018年06月12日 【 国際交流センター

6月1日(金)、米国テキサス州から教会関係者4名が来校し、本学学生との交流を育みました。講義「English for International Exchange」の中では、テキサスの地理、食習慣、日常生活、家族のことなどを紹介していただいた後に、学生が英語で質問を投げかけながらの意見交換。日本との違いに驚嘆・共感しながらも、遠いテキサスに思いを巡らせました。講義名の通り、"国際交流のための英語"を実践しながら学べる場として、表情豊かに交流する学生の姿が印象的でした。最後は、混迷が続く「難民問題」について、現場で活動した4人からプレゼンテーション。難しいテーマであり、日本にいると、どこか遠いと

詳細を見る

学生相談室でオープンパンケーキパーティを行いました

2018年06月06日 【 学生支援

5月28日、29日、30日の3日間、学生相談室とカウンセラー(臨床心理士)を身近に感じてもらうために、今年度もオープンパンケーキパーティを行いました。 パンケーキデコレーションを楽しみながら学生相談室のスタッフを身近に感じていただき、夕方の限られた時間ではありましたが、学生さんと楽しい時間を過ごすことが できました。学生相談室では学生生活がさらにスムーズにいくように応援させていただきたいと考えています。

詳細を見る

今年もミズーリ大学コロンビア校からのお客様!

2018年06月04日 【 国際交流センター

5月23日(水)、24日(木)、ミズーリ大学コロンビア校から、学生と教員合わせて9名が来校しました。長野県と米国ミズーリ州は姉妹・友好提携を結んでおり、50年以上の交流の歴史があります。同校が本学を公式訪問するのも3回目となりました。浴衣の着付、茶道、書道、生け花をはじめとした日本文化体験では、日本の礼儀・作法を学んでいただきました。浴衣の可愛さに声を上げたと思えば、書道や生け花では一転して真剣な表情に。そして、茶道における正座はとても大変そうでした。双方の文化を紹介するプレゼンテーションでは、本学の学生は「着物」「お菓子」「成人式」について、ミズーリ大学の学生からは「ミズーリ州コロンビア市に

詳細を見る

インターナショナル・カフェを開催しました!

2018年06月04日 【 国際交流センター

5月17日(木)、今年度1回目のインターナショナル・カフェを開催しました。今回は、信州大学より留学生6名、日本人学生2名、引率教員1名をお招きし、本学学生約30名とともに「ジェンダー(性差)」について議論しました。まずは、ネパール出身の女子留学生が、現在のジェンダーを巡る状況をプレゼンテーション。そして、彼女のプレゼンテーションの合間には、各留学生たちの出身国(中国、ブラジル、エチオピア、パレスチナ、メキシコ、ネパール)の現状と日本の現状を比較した議論が起こりました。時折、彼女は質問を交ぜながら説明します。「南アジア(特にインド、バングラデシュ、ネパール)では、15歳以下の少女が結婚している割

詳細を見る

5月27日「看護学部オープンキャンパス」を開催しました

2018年05月28日 【 イベント広報

看護学部看護学科(2019年4月開設予定)の初めてのオープンキャンパスを市内ホテルにて開催しました。学科紹介や模擬授業、体験コーナーに個別相談と盛りだくさん。今回はリハーサルも兼ねて様々な体験や機材を用意し、参加した高校生も体験しきれないほどでした。高校生からは、「看護のことがよくわかった」「たくさんの体験できた」「災害看護に興味を持った」「心肺蘇生や傷メイクは楽しかった」など多くの喜びの感想をいただきました。オープンキャンパスはあと4回開催します。また、設置認可後には入試説明会も各地で開催する予定です。北信濃の玄関に初めてできる4年制の看護学部です。清泉女学院の看護学部の特徴と強みをどうぞオ

詳細を見る

12345...32