清泉女学院短期大学

  1. 総合案内TOP
  2. 清泉女学院短期大学TOP
  3. 短大のTOPICS
  4. 平成28年度「幼児教育科キャリア支援懇談会」を開催しました

短大のTOPICS

平成28年度「幼児教育科キャリア支援懇談会」を開催しました

2016年04月18日 【 イベント幼児教育科





 4月16日(土)長野市生涯学習センター(トイーゴ)において、保護者の皆様との連携を深め、2年間力強くサポートしていくことを目的とした幼児教育科キャリア支援懇談会をおこないました。
まず西山学科長から、幼児教育科の5つの学習成果、重点的な取組み、過去の進路状況について説明がありました。

 講演会では、社会福祉法人はちす会 古牧東部保育園園長の渡辺徹先生に「保育の道を志す皆さんへ今、伝えておきたいこと」と題して講演をいただきました。
 保育現場で必要なことは「自己肯定感」と「自立心」である。自己肯定感とは、「自分は大切な存在だ」という感覚を持つことで、自立心とは「自分でやっていこうという心構え」である。両者とも自分だけの力でやるとは違い、自分の不得意なことは他人に助けてもらうことができること・・・それは立派な自立である。迷惑をかけた部分は自分でできることで貢献すればよいのです。これは人間社会の理想です。
学生時代は、たくさんの人達と関わり、得意なことを見つけ、そして問いをもち続けて欲しい。最後に、保育者は導く存在ではなく、子供の姿から教えられる存在でありたいとお話されました。

 保護者の方からは、園長先生のお話は、心の持ち方、考え方、生き方に繋がる内容で、大変参考になったとの感想をいただきました。

 講演後は、2年生から1年生と保護者の方に、これからの学びに生かせる体験談を話していただき盛り上がりました。

前の記事 |  新着一覧に戻る  | 次の記事