清泉女学院短期大学

  1. 総合案内TOP
  2. 清泉女学院短期大学TOP
  3. 学科紹介
  4. 幼児教育科
  5. コース紹介

コース紹介

学びたいことを学ぶことで力がつきます!

幼児教育科は、コース制で興味・関心に合わせた知識と技能を身につけ、専門性を高めます。
幼稚園の先生、保育所の先生など目指す進路によって保育者に必要な力は様々です。

※どのコースでも、2年間で「幼稚園教諭二種免許状」と「保育士資格」を同時に取得できます。

幼児教育コース

表現力を高める力を身につける

保育者として乳幼児期にふさわしい子どもたちへの支援を探求します。発達心理学や音楽・図画・体育など総合的に保育の技能を身につけます。

履修科目:音楽Ⅱ・発達心理学Ⅱ・指導計画の研究など

PICK UP

音楽・音楽Ⅱ・音楽Ⅲ 子どもに音楽の楽しさを伝える方法を学ぶ。

保育者と子どもたちの周りには音楽があふれています。
「音楽Ⅱ」では、実際の保育場面を想像して音楽の実践を学びます。1年次に学んだ音楽の基礎をもとに、音楽の実践力応用力を身につけます。
保育では、大勢の子どもたちが歌う合唱が頻繁にあります。その指導のために指揮法を身につけます。またグループで協力して、伴奏・指揮などの役割分担をして、新しい子どもの歌の発表をします。

社会福祉コース

成長を支える力を身に付ける

乳児から高齢者、障がい者まで福祉を広く学びます。また子どもの心理・健康を深く学びます。保育所の先生・施設のスタッフに必要な子どもの成長を支援する力を身につけます。

履修科目:児童家庭福祉Ⅱ・保育方法の研究Ⅱなど

PICK UP

保育内容総論 保育全体を総合的に理解する力を養う。

乳幼児の健やかな育ちのために、遊びや主体的な生活が欠かせないと言われます。そのため、それぞれの園では、子どもがのびのびと遊んだり、生活したりすることを中心に据えて、保育を展開しています。ただ遊んでいるように見えますが、そこに何らかの目標はないのでしょうか。また、保育内容はどのようなものでもよいのでしょうか。この授業では、「保育の目標」、「子どもの発達」、「保育の内容」を関連づけて学び、保育全体を総合的に理解する力を養います。広い視野をもって、子どもの育ちを支えられる保育者を目指しましょう。

児童文化コース

感性を高める力を身に付ける

紙芝居の製作・上演や絵本などの児童文学を学びながら、保育に必要な劇の演出や脚本作り、絵本の読み聞かせ、語りの力など豊かな心と表現力を身につけます。

履修科目:児童文化総論・児童文化の研究Ⅰ・Ⅱなど

PICK UP

家庭支援論 子育て家庭の支援のために、社会状況や制度・関係機関等を学ぶ。

「家庭支援論」は、保育専門職として、子育て家庭を支援するために、家族を取り巻く社会状況や制度・関係機関等について学ぶ科目です。具体的には、家族と関わる法律や制度、家族が抱える子育てについての悩みや子育て相談の実際の取り組み、保護を必要とする子どもに対する支援の方法、地域における関係機関との連携などについて、事例を挙げながら学んでいきます。この授業を通して、保育専門職に必要とされる家庭に対する相談援助のための基本的知識を習得してほしいと思います。

さらに詳しい内容はこちらにお問い合わせください。資料請求申込みはこちら