清泉女学院短期大学

  1. 総合案内TOP
  2. 清泉女学院短期大学TOP
  3. 学科紹介
  4. 幼児教育科
  5. コース紹介

コース紹介

学びたいことを学ぶことで力がつきます!

幼児教育科は、コース制で興味・関心に合わせた知識と技能を身につけ、専門性を高めます。
幼稚園の先生、保育所の先生など目指す進路によって保育者に必要な力は様々です。

※どのコースでも、2年間で「保育士」と「幼稚園教諭二種免許」が取得できます。

幼児教育コース

表現力を高める力を身につける

保育者としての子どもとの関わり方を探求し、音楽・図画・体育などの表現活動を生かした保育の技能を学びます。幼稚園、保育園などの教育活動で必要な表現する力が身に付きます。

PICK UP

子どもに音楽の魅力を伝える [音楽II]

保育者と子どもたちの周りには音楽があふれています。
「音楽Ⅱ」では、実際の保育場面を想像して音楽の実践を学びます。1年次に学んだ音楽の基礎をもとに、音楽の実践力応用力を身につけます。
保育では、大勢の子どもたちが歌う合唱が頻繁にあります。その指導のために指揮法を身につけます。またグループで協力して、伴奏・指揮などの役割分担をして、新しい子どもの歌の発表をします。

社会福祉コース

成長を支える力を身に付ける

乳児から高齢者、障害者まで福祉を広く学びます。また子どもの心理・健康を深く学びます。保育所の先生・施設のスタッフに必要な子どもの成長を支援する力が身に付きます。

PICK UP

支援の技術を学ぶ [児童福祉II]

保育園や児童福祉施設で活用できる援助技術の基礎を学びます。
1年次に学んだ児童福祉の基礎をもとに、実際の例を参考にして援助技術を理解します。個別に問題解決を援助するケースワークの方法や、グループ活動で援助するグループワークの方法を学び、児童虐待についても実例を参考に理解を深めます。

児童文化コース

感性を高める力を身に付ける

絵本や紙芝居などの児童文化を学び、保育の技能を深く学びます。児童文化を学ぶことで、子どもの感性を高める力が身に付きます。

PICK UP

子どもの心を豊かにする[児童文化総論]

子どもの絵本や紙芝居の研究をしながら、具体的な発声法や表現技法を学びます。読み聞かせ、声の出し方を学び、絵本・紙芝居の語り方を学びます。
具体的には、宮沢賢治の作品やグリム童話アンデルセン童話の他、落語、人形劇、言葉遊びといった幅広い児童文化の分野を理解します。ワークショップを通した表現学習で児童文化とは何かを考えながら、創造性を高めます。

さらに詳しい内容はこちらにお問い合わせください。資料請求申込みはこちら OPEN CAMPUS2013清泉女学院を知りに行こう!