清泉女学院短期大学

  1. 総合案内TOP
  2. 清泉女学院短期大学TOP
  3. 学科紹介
  4. 国際コミュニケーション科
  5. コース紹介
  6. 英語コース

英語コース

基礎から鍛え上げて、使える英語を手に入れる。

個人レベルに合わせて効果的、集中的に英語を学び将来の仕事、編入・進学、海外への留学、または、子どもたちに英語を教える児童英語教育に備える英語力を養います。

Speech & Discussion

自分の考え方を英語で表現する授業、短いスピーチから始め、最後には自分なりの工夫した表現でプレゼンテーションが出来るようになることが目標です。人前で話すなんて、無理!と思っている人達もstep by stepで少しずつスキルを身に付けていくことで、英語で話すって楽しい!と思えるようになるでしょう。
Let’s enjoy communication with many pepole in English Yes can do it!

Essay Writing

英語で文章が書けるようになる授業、英語で書くということ難しく思いがちですが、まずはエッセイの形式を学習し、色々な話題について考えながら書いています。ライティングは会社で働くには必要になる力。メールを書いたり手紙を書いたりすることにも慣れていくように、特有の言い回しやフレーズを覚えます。少しずつ語数を増やしていくことで、最終的には600語程度の英文が書けるようになります。

英語音声学
中村 洋一先生
英語の「音(おん)」の仕組みを理解する。

私たちが日本語を話すとき、普通は、発音を意識することはありません。しかし、外国語として学んでいる英語の場合は、日本語とは異なる発音方法やそのしくみを知り、舌・唇・歯茎・声帯などの調音器官を正しく動かす必要があります。この授業では、まず、英語音声学の基礎的な知識を身につけ、英語の音声を科学的に捉え、発音方法を考えることに取り組みます。さらに、英語の発音トレーニングをしながら、コミュニケーション力・表現力を高めることを目標とします。英語は受動的に「教えられて」身につくものではありません。自ら進んで学ぶ姿勢を継続してほしいと思います。

考える力 コミュニケーションする力
イントネーションの大切さを実感。

この授業で私は英語の発音について学びました。授業では一人1台パソコンを使って、正しい発音の仕方を練習します。各自のペースで練習できるので、確実に発音がよくなったと思います。聞き取る力もついて、イントネーションの大切さを実感しました。自分の苦手な発音を見つけて何度も練習し、しっかり克服することが出来ました。発音がよくなったことで海外研修の際に、現地の人との会話で自分の英語が理解してもらえた時は、本当にうれしかったです。

トーマスゼミ

日本の伝統文化を英語紙芝居で伝えるよう!というのがゴール。英語を勉強するのではなく、英語でパフォーマンスすることを重視したゼミ。演じ方を工夫し、聞いてくれる人とコミュニケーションをとりながら、英語で伝える楽しさを学びます。

トーマス先生から
Our class is not just about studying English, but we focus on performance, creativity and feeling! “Kamishibashi” is like a movie, but on paper. It’s all about the drama! We might post videos of our performances on the internet for others to see!

OGインタビュー

川上中学校(英語教員)
今年度はAll English。生徒を持つことを大切に授業へ取り組んでいます。継続して5分前に教室に入り、生徒と一緒に授業準備をして授業の最初を大事にしています。 生徒の「できた、わかった」、または「できない」という事態を知るため、自己評価カードに記入させ、コメント付きで返し、提出ノートは一言記入を心がけています。
さらに、Today’s goal、小テストを大切にして力がつく授業をしています。今年はスキルアップのため資格認定や免許講習を受ける予定です。また、セミナーに参加し多くの先生方と情報交換をしています。

信学会(松本南幼稚園)
幼稚園の子どもたちと英語でゲームしたり、歌で楽しく英語を教えています。それ以外の時は、幼稚園の子どもたちが楽しく園生活を送れるようにサポートをしています。
私が今ここにいる理由は、子どもたちに「英語の楽しさを伝えるため」です。
清泉で出会った数々の先生方や友人たちのおかげで、私はその楽しさを知ることができます。まだできないことが多いですが、一歩ずつしっかりと成長して、子どもたちに英語の楽しさを伝えていきたいと思います。

さらに詳しい内容はこちらにお問い合わせください。資料請求申込みはこちら OPEN CAMPUS2013清泉女学院を知りに行こう!