清泉女学院大学

  1. 総合案内TOP
  2. 清泉女学院大学TOP
  3. 資格・就職
  4. 卒業生の声

卒業生の声

人間学部での4年間の学びを通じて、「豊かな人間力」と「企業・社会で生き抜く力」そして「高度な専門的学力」を十分に身につけた卒業生たちが、各方面で活躍しています。

金融アドバイザー

長野県労働金庫 勤務
平林 紗瑛 さん 2015年卒業(長野清泉女学院高校出身)

お客様一人ひとりのライフプランに合ったご提案を。
他の金融機関とは違い、働く仲間とその家族の生活が豊かになることを目的につくられた労働金庫。私は、ろうきんの営業推進係として働いています。営業推進係では企業の労働組合に訪問し、預金やローンのご依頼をいただいたり、ろうきんの商品をご提案したりしています。毎日お客様と接する機会が多いため、清泉で学んできた心理学の知識がとても役立ちました。お客様一人ひとりのライフプランに合ったご提案をさせていただき、お客様から感謝のお言葉をいただけた時は、この仕事を選んでよかったと嬉しく思います。今後はより多くの方にろうきんを知っていただくための活動を行い、商品知識を深めて、お客様から信頼される職員を目指していきたいです。

卒業生からのメッセージ
今の私があるのも、清泉でさまざまなことを学んで成長できたからだと思っています。ぜひ清泉で素敵な先生や友人に囲まれながら楽しい大学生活を送ってほしいです。

カーライフアドバイザー

長野トヨタ自動車株式会社 勤務
池上 あす香 さん 2015年卒業(長野南高校出身)

「お客様第一」を心がけ、お客様との信頼関係を築いていきたい。
私はお車のご購入のお手伝いをするカーライフアドバイザーとして、長野トヨタ自動車で働いています。ご来店いただいたお客様のお車のご説明やご提案をはじめ、メンテナンスのご案内や自動車保険の販売、アフターフォローなどが主な業務になります。清泉では幅広い知識はもとより、コミュニケーション能力や自ら動き発信する力を身につけることができました。これは営業職という今の仕事の中で、しっかりと私の支えになっています。社会人も2年目になり、私の顔や名前を覚えて頼ってくださるお客様も増えてきました。これからはより多くのお客様にご満足いただけるよう、常に「お客様第一」を心がけ、お客様との信頼関係を築いていきたいです。

卒業生からのメッセージ
清泉での4年間は、自分らしい将来を考えるきっかけになりました。いつでも親身になって考えてくださる先生方がいます。そして何より大切な仲間ができます。素敵な大学生活を送ってください。

ジェネラルスタッフ

株式会社青木固研究所 勤務
三井 千晶 さん 2015年卒業(上田染谷丘高校出身)

来客対応が会社とお客様の関係を築くということを意識して。
プラスチック容器の成形機を製造・販売している青木固研究所で、私は総務部に所属して経理や来客応対を担当しています。グローバル展開している企業で、取引先の約9割は海外のお客様。来社されたお客様の応対では、清泉で培ってきた英語力がとても役立っています。ドイツで開催された世界最大規模のプラスチックの見本市「K展」に出展した際、私も現地に出張して商談に訪れたお客様の対応をしました。そこで以前に来社されたことのあるお客様が、私のことを覚えてくださっていて嬉しく感じました。今後も自分の来客対応が会社とお客様の関係を築くということを常に意識し、自社商品の知識はもとより、各国の文化について理解を深めていきたいです。

卒業生からのメッセージ
清泉には海外研修やボランティアなど、貴重な経験ができる機会がたくさん用意されています。積極的にいろいろなことに挑戦して、自分の可能性を広げていってください。

ジェネラルスタッフ

株式会社長野エーコープサプライ 勤務
店橋 理恵 さん 2014年卒業(篠ノ井高校出身)

専門知識を養い、経理業務により深く関われるように。
長野エーコープサプライは、全県に展開するセレモニーホール「JA虹のホール」の運営を行っています。私は本社の総務経理課に所属し、各拠点の経理処理や毎月発行している社内報の編集業務を担当しています。社内報は毎月の出来事やスタッフの紹介など、さまざまなコーナーを設けて発行。社内スタッフとのやりとりも多く、清泉で学んできた心理学の「傾聴」の姿勢やコミュニケーション能力が役立っています。社員から社内報の感想をもらえることにやりがいを感じています。経理については、毎日ミスのない業務を心がけています。少しずつ任せてもらえる仕事が増えてきたので、今後は簿記をしっかりと習得して専門知識を養い、経理業務により深く関われるようになりたいです。

卒業生からのメッセージ
専門分野だけではなく、幅広い知識を学べるのが清泉の魅力です。興味のあることには積極的に挑戦して、未来の選択肢をどんどん広げていってください。

生活支援員

社会福祉法人上田しいのみ会 しいのみ療護園 勤務
北島 佳奈 さん 2014年卒業(長野清泉女学院高校出身)

利用者さんが穏やかに気持ちよく生活できるように。
重度身体障害者の方が入所される福祉施設「しいのみ療護園」で、私は生活支援員として働いています。仕事は利用者さんの食事・入浴・排泄の介助が中心で、交代で勤務しながら24時間365日体制で行っています。清泉では心理学を中心に、発達障害に関する授業も多く履修してきました。利用者さんの中には意思疎通もままならない方もいらっしゃるため、そうした方とどう心を通わせていくかといった面で、心理学の知識が役立っています。利用者さんの笑顔や感謝の言葉が、この仕事をしていてやりがいに感じることです。これからは介護福祉士の資格の取得を目指し、利用者さんが穏やかに気持ちよく生活できるよう、笑顔を絶やさずに支援していきたいです。

卒業生からのメッセージ
清泉は自分自身を大きく成長させてくれる素敵な場所だと思います。4年間の大学生活で多くのことを学び、自信を持って将来に羽ばたいていってください。

警察官

長野県警察 勤務
伊藤 美友希 さん 2015年卒業(長野吉田高校出身)

警察官としての自覚を持ち、自信を持って働けるように。
松本市の高宮交番で警察官として働いています。地域の方々の安全安心を守るために防犯活動や警戒活動を行い、交通事故や犯罪等が起こった際は即時対応しています。高宮交番での勤務も2年目に入り、後輩に仕事を教えたり、現場でも自分から率先して動くことが増えてきました。警察官は人と接する機会も多く、清泉で学んできた心理学の知識や、ボランティアや海外留学などで培ったコミュニケーション能力がとても役立っています。地域の方々とふれあい、その中で感謝の言葉をいただけた時はとてもやりがいを感じます。警察官としての自覚を持ち、自信を持って働けるようになってきました。これからも地域の方々や上司・同僚から信頼してもらえるよう、長野県の安全安心のために働いていきたいです。

卒業生からのメッセージ
清泉は、学生のやりたいことを全力でサポートしてくれる大学です。ボランティアや海外留学、サークルなど、さまざまな経験をして自身の視野をどんどん広げてください。

英語教員

安曇野市立堀金中学校 勤務
池田 美幸 さん 2015年卒業(松商学園高校出身)

生徒の声が、教師としての自分を成長させてくれる。
中学生の頃から思い描いていた英語教師という夢。清泉で教職課程を学び、現在は堀金中学校で3学年の副担任をしています。教科指導では1年生2クラスと2年生2クラス、そして3年生1クラスを担当。教師も2年目になり、昨年よりも担当するクラスも増えて毎日充実しています。清泉では英語はもとより、心理学について学べたことが、生徒や先生との関係づくりにとても役立ちました。また、教育実習の事前授業では「英語を教える」ということを真剣に考える機会になり、とても印象に残っています。今後は生徒が1年後、そして卒業後に、自信を持って新たな一歩を踏み出せるようしっかりとサポートし、生徒の声に真摯に耳を傾けながら共に成長していける教師になりたいです。

卒業生からのメッセージ
清泉で過ごす4年間は、一回りも二回りも自分自身を成長させることができます。どんな自分になりたいか思い描きながら、自分らしい学生生活をデザインしていってください。