清泉女学院大学

  1. 総合案内TOP
  2. 清泉女学院大学TOP
  3. 大学のTOPICS
  4. 公認心理師シンポジウムを開催しました

大学のTOPICS

公認心理師シンポジウムを開催しました

2017年07月18日






 7月16日(日)の午後、「こころのケアの時代~いま、なぜ公認心理師なのか~」が開催されました(於:メルパルク長野)。
 公認心理師は心理職に関する初めての国家資格です。2017年9月15日までに「公認心理師法」が施行され、翌12月までに第1回国家試験が行われます。この新しい資格をめぐって、医療・教育・産業領域からシンポジストを招き、こころのケアの必要性と心理職への期待について語っていただきました。本学からは人間学部寺門正顕教授が公認心理師の仕事と資格取得までの流れについて、厚生労働省の報告書などを下に解説をしました。フロアでは、公認心理師に関心を寄せる高校生、大学生、医療機関や福祉施設の方、臨床心理士などの心理職の方、こころのケアに関心がある一般の方、本学の卒業生など約90名が熱心に耳を傾けました。
 こころは目に見えないだけに、そのケアを行うカウンセラーや相談員の質の保証が求められ、国家資格の必要性が叫ばれてきたという歴史があります。本学はとうとう誕生した公認心理師養成のための学部カリキュラムに対応する準備を進めています。

前の記事 |  新着一覧に戻る  | 次の記事