清泉女学院大学

  1. 総合案内TOP
  2. 清泉女学院大学TOP
  3. 学科紹介
  4. 現代コミュニケーションコース
  5. 映像・ビジュアルアートコンテスト2017 表彰式を開催しました

Seisen Image & Visual Art Contest

映像・ビジュアルアートコンテスト2017 表彰式を開催しました

清泉女学院大学人間学部(現代コミュニケーションコース)が開催した「映像・ビジュアルアートコンテスト2017」(映像作品の部・ビジュアルアート作品の部)に多くのご応募をいただき、誠にありがとうございました。
9月25日(月)に映像ジャーナリスト、プロのクリエーター、放送局の審査員による審査が行われ、以下のように受賞作品が決定しました。
キーワードを自由に解釈し、それぞれの世界観が出された高校生らしい作品がそろっていたと講評をいただきました。

映像作品の部 授賞作品
ビジュアルアート作品の部 受賞作品

また10月7日(土)に、先日審査会にて決定した受賞者が集まり、「映像・ビジュアルアートコンテスト2017表彰式」を行いました。
皆さんの日頃の努力の成果が実り、晴れ晴れしい姿でした。今後のみなさんのご活躍を願っております。
表彰式の後の懇談会では、現代コミュニケーションコースの学生が取り組んだ映像作品などを上映し、参加者が制作作品について互いに意見を交わすなど、映像、ビジュアルアートに興味を持つ学生の交流の場ともなりました。

授賞式① 授賞式②

映像部門 受賞作品

タイトルをクリックしていただくと、動画(YouTube)をご覧いただけます。

タイトル・リンク 制作者名 制作意図
最優秀賞 明暗 長野女子高等学校
西澤 碧月
ストーリーは、落ち込んでいる少女を友人が励まし、光のある場所に行くというものです。少女たちの友情でもある「愛」と縁、目的地である「光」、スポットライトの形である「○」で、今年のテーマを表しました。
優秀賞 夢のくにへ 松本蟻ヶ崎高等学校
放送部
代表:伊藤 雪音
夢で見たことが、現実に起こるという物語を作りました。私たちが普段生きている世界で見落としている、大切なことに気づくことができる作品です。

ビジュアルアート作品 受賞作品

作品をデジタルカメラで撮影したものになります。作品本来の色味や質感とは異なりますのでご了承ください。

タイトル・リンク 制作者名 制作意図
最優秀賞 World is mine 長野市立長野高等学校
松田 麻彩
「光」と「○」でスポットライトをイメージしました。人生という世界を舞台に、女の子がスポットライトを浴びて輝いています。人生の主役は私たち1人1人です。
優秀賞 安穏 長野市立長野高等学校
宮尾 真未
テーマから安心できる場所をイメージしたので、守られているような構図を意識しました。
学長特別賞 笑顔 長野西高等学校
小林 茉緒
制作キーワードが「光」「○」「愛」ということで、笑顔には光りがあり、愛があるものだと思ったので「笑顔」というタイトルにしました。作品のイメージとしては、太陽の光を浴びて育った野菜をおいしそうに食べる孫を思いながら畑仕事をする祖父母の愛です。

後援

  • 長野県
  • 長野県教育委員会
  • 信濃毎日新聞社
  • NHK長野放送局
  • SBC信越放送
  • NBS長野放送
  • TSBテレビ信州
  • abn長野朝日放送
  • 長野アートディレクターズクラブ

これまでの受賞作品など

2016年 受賞作品一覧・授賞式の様子
2015年 受賞作品一覧

お問い合わせ先

清泉女学院大学 人間学部(現代コミュニケーションコース)
教務学生部内 映像・ビジュアルアートコンテスト事務局
〒381-0085 長野県長野市上野2-120-8
℡:026-295-1312  E-mail:contest@sjc-nagano.ac.jp