1. 清泉女学院短期大学
  2. 幼児教育科
  3. 特色ある教育

特色ある教育

1年生から、保育者としての社会人基礎力を身につけるため、「自分とのコミュニケーション」「仲間とのコミュニケーション」「地域・社会とのコミュニケーション」を図る初年次教育プログラムを実施しています。

初年次教育プログラム

初年次教育プログラムの全体像

自分とのコミュニケーション

保育者になるための100の体験

保育者になった時に役立つ自然体験や生活体験を、在学中に100種類体験するという清泉女学院短期大学幼児教育科独自のプログラムです。

仲間とのコミュニケーション

学科セミナー

学生同士の交流を深める1泊2日のプログラム。自然の中で互いに力を合わせ、協力しながら行う学外活動です。

学長杯表現コンテスト

クラス単位で行う子供向けの劇の発表などを通して、表現力を競い合う学園祭(清泉祭)恒例のコンテストです。

清泉フェスティバル

卒業研究セミナーや日頃の学びの成果を実演やプレゼンテーションにより発表します。

地域・社会とのコミュニケーション

地域貢献活動

地域福祉イベントへの参加や障がい児との交流などを通して、福祉のあり方や発達支援の方法などを体験的に学びます。

国際交流活動

海外への学びの場を広げ、文化研修、ボランティア活動など、さまざまなプログラムを用意しています。

保育者セミナーⅠ・Ⅱ

保育や福祉に関する多彩なテーマに講演会を実施。保育現場に出向いての体験的な学習も行います。

  • 保育のフィールドワーク
  • ふれあい保育
  • キッズカルチャーEXPO
  • クリスマスアドベント
  • 野菜作り

卒業研究セミナー

2年生で全員が履修する演習科目。担当教員の指導のもと、興味あるテーマについて1年かけて研究します。担当教員の専門性を生かし、「子育て支援と保育」「子どもと動物」などをはじめ多彩なテーマの授業が開講されています。

さらに詳しい内容はこちらにお問い合わせください。資料請求申込みはこちら