総合TOPへ 清泉女学院短期大学

  1. 清泉女学院短期大学
  2. 幼児教育科
  3. 専門教育科目

専門教育科目

保育に必要な専門知識や技能を身につけるために、さまざまな専門教育科目を開講しています。

主な授業

保育方法の研究Ⅰ

子どもは遊びを通して、自己主張や我慢したりすることを覚え、社会性や協調性を身につけていきます。また、遊びは子どもが成長する上で欠かせない心の栄養でもあります。この科目では、幼児の遊びをより創造的に発展させるために必要な技術の習得を目指します。

保育方法の研究Ⅲ

保育と言葉の関係について理解し、保育現場に必要な実践力の修得を目指します。具体的には、①保育者として望ましい言葉がけの理解と実践力、②文字遊び、言葉遊びの効用と指導法、③絵本や紙芝居等の児童文化財の効用と指導法について考えます。

保育方法の研究Ⅳ

「あそび」を通して多くの大切なことを身につけていく子ども達。例えば「歌う」というあそびの中に、どんな「経験」や「学び」のたねをちりばめていくのか、子ども達に何を願い何を育てていくのか。実際の子どもの姿をイメージしながら、楽しく真剣に音楽と向き合います。

保育方法の研究Ⅴ

子どもたちの豊かな感性を育む保育方法や、保育環境について、造形的な視点から考えます。保育に活用する視覚教材、空間装飾、パネルシアターなどの考案・制作・発表を通して、造形表現力を高め、保育に必要となる実践的な力を身に付けることを目指します。

大学案内の請求申込みはこちら 冊子の募集要項は作成しておりません。