総合TOPへ 清泉女学院大学

  1. 清泉女学院大学
  2. 人間学部
  3. 心理コミュニケーション学科
  4. 心理コース
  5. 資格取得

心理コース - 資格取得

清泉では、幅広い分野の資格取得を目指すことができます

公認心理師(国家資格)

2017年9月に、心理の国家資格である「公認心理師法」が施行されました、2018年度入学生より、公認心理師の受験資格取得のために必要な科目を開講し、公認心理師養成を開始しています。本学では、公認心理師資格を有する教員が皆さんをサポートします。

特色① こころに寄り添える専門家に

清泉の「こころを育てる」教育から、人のこころに寄り添える専門家のあり方を学びましょう。

特色② 充実した実習

卒業後に心理職として活躍するためには、地域の特性を理解しておくことが重要です。地域に根ざした心理的支援のあり方を学ぶことで、現場で生きる知識を身に付けましょう。

特色③ 大学院進学へのサポート

卒業後、大学院進学を目指す人に、きめ細やかな受験サポートを行っています。

【公認心理師とは】
公認心理師とは、心理職に関わる初の国家資格です。保健医療、福祉、教育、司法矯正、産業といった幅広い領域で活躍することが期待されており、心理的支援を必要とする人々のために、相談を行ったり、心理状態の査定・分析を行ったりすることが主な仕事です。

【公認心理師になるには?】
本学に入学し、公認心理師になるには2通りの方法があります。

※実習は「保健医療」「福祉」「教育」「司法・犯罪」「産業・労働」の5分野に該当する施設で行います。

社会調査士

一般社団法人社会調査協会が、社会調査の知識や技術を用いて、世論や市場動向、社会事象等をとらえることのできる能力を有する「調査の専門家」であることを認定する資格です。大学では、調査企画から報告書作成までを学習することで、基本的な調査方法や分析手法の妥当性や問題点を指摘することができるようになります。大学在学中(3年次)には、社会調査士(キャンディデイト)が発行され、就職活動にも活用されています。

認定心理士

認定心理士は、公益社団法人日本心理学会が、心理学の専門家として仕事をするために必要な、最小限の標準的基礎学力と技能を修得していることを認定する資格です。大学において心理学を専攻し、日本心理学会が指定する科目を履修し、かつ認定心理士の資格申請をすることで取得可能です。心理学をきちんと学んだ証となり、心理学の学びを多くの専門分野に活かすための第一歩といえるでしょう。

ピアヘルパー

ピアヘルパーとはPeer(仲間)、Helper(助ける人)であり、直訳すると「仲間を助ける人」という意味です。学生生活の中では誰もが悩みに直面することがありますが、青年や学生が抱えやすい悩みを理解して、良い相談相手になる、仲間をサポートするための力を身につけることを目指します。ピアヘルパーの認定を受けると、カウンセリングや関連する心理学の理論・方法について基本的な力を身につけた者であることが証明されます。

大学案内の請求申込みはこちら 冊子の募集要項は作成しておりません。