総合TOPへ 清泉女学院短期大学

  1. 清泉女学院短期大学
  2. 国際コミュニケーション科
  3. 教育目標および基本方針(ポリシ―)

国際コミュニケーション科 教育目標および基本方針(ポリシ―)

教育研究所の目的及び使命

国際コミュニケーション科は、国際的視野と豊かなコミュニケーション力をもつ人間を育成することを目的とする。

教育の基本方針

本学の建学の精神に基づき、次の3つを基本方針とする。

(1) 人間にとって真の意味で豊かで幸福な社会とは何かを問いつつ、人を愛し、人と助け合うことのできる 女性を育成する。

(2) 確かなキャリア形成と社会人基礎力による自己の確立をめざし、自分の可能性を最大限に発揮して生きようとする女性を育成する。

(3) 与えられた力を自己ばかりでなく他者のためにも活用し、社会のために積極的に貢献しようとする女性 を育成する。

教育目標

(1) 建学の精神科目を中心とした心の教育、セミナーを中心とした少人数教育、他者とのかかわりを重視した体験型教育を行う。

(2) 入学前教育に始まり、セミナー教育、語学教育、コースに即した専門教育とともに、語学・ビジネス・情報などの資格取得の支援を通じて、充分な実践的知識とバランスの取れた見識を養う教育を行う。

(3) 計画的な学修と併せて、学内外の自主的活動や海外研修・留学を通じて清泉スピリット5つの力(問題を発見する力、考える力・思考力、工夫する力、コミュニケーション力・表現力、行動する力)を身につ け、社会で自立するための視野とスキルを養う教育を行う。

ディプ口マ・ポリシー(学位授与、卒業認定の基本方針)

国際コミュニケーション科では、以下のデイプロマ・ポリシーに基づいて卒業の認定、学位の授与を行う。

(1) 計画的に粘り強く学習を継続している。

(2) 「清泉スピリット5つの力 (問題を発見する力、考える力・思考力、工夫する力、コミュニケーション力・表現力、行動する力)」の充実に努めている。

(3) 幅広い学修を通して自己を確立し、積極的に社会貢献を行おうとする意欲を高めている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成の基本方針)

学科基礎科目、学科選択科目、コース専門科目の枠組に添って、バランスの取れた学習機会を具現するため に、次の4つを編成方針とする。

(1) 基本的学習スキルの習得を通して、問題を発見する力、考える力・思考力、表現力を向上させる。

(2) 社会で求められるコミュニケーション力や協調性を養成する。

(3) 積極的に行動する力を高めるための、多様な機会を提供する。

(4) 学生の個性と能力を伸ばすコースを設定し、コースごとの専門性を高める系統的な選択科目を開設する。

アドミッション・ポリシー(学生の受け入れの基本方針)

国際コミュニケーション科では、次のような学生を求める。

(1) 理想と目標をかかげて学修し、他者に貢献する社会人になろうと努力する学生。

(2) 社会の仕組みを理解し、広く人間への関心を持ち、学修を通じて自分の可能性を高めようとする学生。

アセスメント・ポリシー(学修成果の評価の基本方針)

本学のアセスメント・ポリシーを踏まえ、国際コミュニケーション科では、3つのポリシーに対応した学習成果の獲得状況について、以下の一覧表の評価指標に基づき検証・評価する。
入試実施状況や入学時のアンケート等、卒業要件の達成状況や単位の修得状況、成績状況、各種の資格・検 定試験等の合格状況、進路状況等の評価指標と、国際コミュニケーション科が設定する「学習成果」に対応した独自の評価指標から量的・質的に検証・評価し、結果の領向と推移を踏まえ、教育課程やFD活動等の改善に活用する。

学習成果 AP CP DP
入学試験の実施状況
広報部新入生アンケート
スタートセミナー振り返りアンケート
各セメスターの単位修得状況及びGPAの傾向
退学·休学、留年の状況
学生生活満足疫閻査(1年次終了時及び卒業時)
科全体の学生授業評価の結果
SJCマナバによるポートフェリオ 最終の単位修得状況及びGPAの傾向
学位授与数、卒業率
就職率と内訳、進学率
免許資格等の取得率、合格率
卒業後追跡アンケート

就職先アンケート
卒業生との懇談会
Ⅱを獲得目標に挙げた科目群の単位認定·GPA
Ⅱを獲得目標に挙げた科目群の学生授業評価
静修会等の学生振り返りアンケート
免許·資格取得数
Ⅲを獲得目標に挙げた科目群の単位認定·GPA
Ⅲを獲得目標に挙げた科目群の学生授業評価
Ⅳを獲得目標に挙げた科目群の単位認定·GPA
Ⅳを獲得目標に挙げた科目群の学生授業評価
卒研セミナーの実施状況
清泉フェスティバルの振り返り
プロジェクト型専門科目の実施状況
学外活動のとり組み状況
海外活動のとり組み状況

学生支援の基本方針

(1) フレッシュマンセミナーや卒業研究セミナー担当者およびクラス担任と良好な関係を結び、充実した学生生活を送れるよう支援する。

(2) 学科の行事を通じて企画・協働体験の機会を提供し、体験型の科目や国際交流活動によりチームワークや主体性を伸ばす契機とする。

(3) キャリア形成に関わる科目を中心に卒業後の生き方について考え、併せて、インターンシップや各コースの選択科目での地域や企業との連携活動を通じて、進路決定やキャリア形成の支援をする。