清泉女学院大学 清泉女学院短期大学

  1. 総合案内TOP
  2. 清泉女学院について
  3. 清泉女学院の変革への取り組み

清泉女学院の変革への取り組み

校舎外観
清泉女学院の変革への取り組み

高等教育を取り巻く厳しい環境の中で、「建学の精神」、「教育理念」に基づく教育・研究活動を永続的に発展させるとともに、経営の健全な運営と事業の遂行を図るため、教学と経営が一致して取り組むことが求められています。

清泉女学院は「建学の精神」のもと一致して取り組むため、学内外へのメッセージ「こころを育てる」を制定しました。

メッセージ こころを育てる

物が優先することの限界が見えてきている現在、もう一度「こころを育てる」教育により、社会で活躍する女性を育てることをメッセージとしました。
本学は、平成26年4月から経営改革(中期3年計画)の遂行により、このメッセージの実現を図ります。

経営改革の方針

次の方針で経営改革に取り組みます

  1. カトリックの建学の精神に基づいたこころを育てます。
  2. 新しい大学像を目指し、本学の質を向上させます。
  3. 地域との繋がりを強め、清泉ブランドを高めます。
  4. 清泉の取り組みを発信し、清泉の変化を伝えていきます。
  5. 全学一丸となって、選択と集中により機能的な組織にします。
中期計画の概要

中期計画のPDCAにより次の目標を達成します。

  1. 中期計画の全体目標
    • 教育:人間性と知性の教育を通して、社会で活躍できる女性を育てる。
    • 研究:より良い教育を支える為に、研究を活発に行う。
    • 社会貢献:地域と密接につながり、人材の育成および「知」と「行動」を通して社会に貢献する機関となる。
    • 経営:成長する組織として、教員の自己実現が図られるとともに、ステークホルダーの期待に応える。
  2. 中期計画の位置づけ
    <平成26年度~平成28年度>
    ガバナンス機能の強化を図り、中期計画により経営改革を進め、「こころを育てる」教育研究機関として大きく変わる時期
    <平成29年度~平成30年度>
    中期計画で実現した改革を継続し、より充実を図る時期