総合TOPへ 清泉女学院大学

  1. 清泉女学院大学
  2. 人間学部
  3. 文化学科

文化学科

キュレーション力を高め、社会で必要な課題解決力を養う

人々の営みが「つむぎ」、
大切に「つなぎ」、
守ってきた文化の魅力と価値を再発見し、
未来へつながる文化を
「つくりだす」学科です。

未来へつながる文化を実践的に探求

「文化」とは何か。その問いに答える絶対的な「文化」の定義はありません。そこで、文化学科では「人間が創り出した営みのすべて」と定義し、文化に関する一般的な理論を学びながら、人々がダイナミックに「つむぎ」だしてきた文化を、大切に「つなぎ」、未来へつながる文化を「つくりだす」教育・研究を行います。しかし、理論的理解だけでは文化の実態を読み解くことはできません。そのため文化学科では、文化の現場を知るためのフィールドワークを行い、その活動を通して文化を観察し、体験し、そして人々と対話することで、「文化とは」の問いを探求していきます。

「課題解決型」の文化学を学ぶ

いま私たちが生きている社会には、課題が山積しています。過疎化、少子高齢化、災害、伝統文化の衰退……文化学科では、社会が抱えているさまざまな課題に文化の力を役立てるための教育・研究を行います。地域の活性化や観光の振興に文化を役立てる方法であったり、使われることが少なくなった伝統工芸品をビジネスとして成立させたり、被災地での心のケアに文化を役立てるにはどうしたらいいか、といったことも学びのテーマになります。文化学は、人間が営む文化をさまざまな角度から研究する学問ですが、清泉女学院大学文化学科が取り組むのは、社会に役立つ「課題解決型文化学」です。

イベントレポート - 文化学科で企画した「文化」を学ぶイベントのようすをご覧いただけます。

2019年度

清泉3日間美術館

2018年度

リデザイン信州文化 ~長野の伝統文化をつなぐ~
ジブリとアニメ文化 ~日本文化の普遍性をつなぐ~
文化資源のつなぎ方 ~デジタルアーカイブの可能性~

大学案内の請求申込みはこちら 冊子の募集要項は作成しておりません。