清泉女学院大学 清泉女学院短期大学

  1. トップページ
  2. 清泉女学院大学大学院 看護学研究科看護学専攻

清泉女学院大学大学院 看護学研究科看護学専攻 Graduate School of Seisen Jogakuin College / Graduate School of Nursing / Master's Course of Nursing

2023年4月開設予定
特定課題研究コース
院内教育リーダー養成
大学院生募集

強固な学的基盤と研究成果を基盤とし、病院・ケア施設内の教育を指導的立場で牽引できる高度看護教育実践者、
すなわち、院内教育リーダー(Chief Nurse Educator=C.N.E)を育成します。

概要・カリキュラムはこちら

試験日:2023年2月11日(土)

※文部科学省に届出予定。内容が変更となる場合があります。

大学院の概要

名称 清泉女学院大学大学院看護学研究科看護学専攻
・修士論文コース
・特定課題研究コース(院内教育リーダー養成)
キャンパス 長野駅東口キャンパス(JR長野駅東口から徒歩1分)[Google Mapsで見る]
修業年限 2年(長期履修制度があります)
入学定員 8名(男女)
取得学位 修士(看護学)
目的 大学院及び看護学研究科の教育研究上の目的
ポリシー 看護学研究科のディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシー

▲ ページトップへ

入試情報・募集要項

WEB出願手続きはこちら

2023年度入試情報

修士論文コース
入試区分 出願資格審査申請期間 募集人員 出願期間 試験日 合格発表日 入学手続締切日 専願
推薦入試 A日程 2022/8/10(水)
~8/24(水)
5名 8/25(木)~9/12(月) 9/17(土) 9/21(水) 9/30(金)
推薦入試 B日程 2023/1/6(金)
~1/18(水)
若干名 1/19(木)~2/6(月) 2/11(土) 2/15(水) 2/24(金)
一般入試 A日程 2022/8/10(水)
~8/24(水)
3名 8/25(木)~9/12(月) 9/17(土) 9/21(水) 9/30(金) ×
一般入試 B日程 2023/1/6(金)
~1/18(水)
若干名 1/19(木)~2/6(月) 2/11(土) 2/15(水) 2/24(金) ×
特定課題研究コース(院内教育リーダー養成)
入試区分 出願資格審査申請期間 募集人員 出願期間 試験日 合格発表日 入学手続締切日 専願
一般入試 2023/1/6(金)
~1/18(水)
若干名 1/19(木)~2/6(月) 2/11(土) 2/15(水) 2/24(金) ×

※出願にあたり出願資格審査が必要となる場合があります。
出願資格審査に関するお問い合わせ先:清泉女学院大学東口キャンパス事務部(電話026-219-1650)

※出願はWeb出願です。

▲ ページトップへ

修士論文コース

発達・ヘルス支援看護学

  • 発達の段階に応じた看護実践・応用力修得
  • 専門科目群:成人期看護学特論・小児期看護学特論・ウィメンズヘルス看護学特論
    発達・ヘルス支援看護学演習

包括ケア看護学

  • 多様な看護実践の場で活きる専門力開発
  • 専門科目群:在宅看護学特論・精神看護学特論・災害看護学特論・包括ケア看護学特論

カリキュラム

区分 授業科目 配当年次 単位数 授業形態
必修 選択
共通教育科目 生命倫理特論 1 2 講義
健康管理特論 1 2 講義
看護理論特論 1・2 2 講義
看護倫理学特論 1・2 2 講義
コンサルテーション論 1・2 2 講義
フィジカルアセスメント特論 1・2 2 講義
家族看護学特論 1 2 講義
看護管理特論 1・2 2 講義
看護教育学特論 1・2 2 講義
データサイエンス 1 2 講義
専門教育科目 発達・ヘルス支援看護学 成人期看護学特論 1 2 講義
小児期看護学特論 1 2 講義
ウィメンズヘルス看護学特論 1 2 講義
発達・ヘルス支援看護学演習 1 4 演習
包括ケア看護学 在宅看護学特論 1 2 講義
精神看護学特論 1 2 講義
災害看護学特論 1 2 講義
包括ケア看護学演習 1 4 演習
研究科目 看護研究方法Ⅰ 1 2 講義
看護研究方法Ⅱ 1 2 講義
看護特別研究 2 8 演習

※2023年4月移行のカリキュラムです。内容が変更になる場合があります。

修了要件

必修9科目24単位(共通教育科目6科目12単位、研究科目3科目12単位)に加え、専門教育科目2科目6単位(2領域のうち1領域を選択し、当該領域の特論科目1科目2単位及び演習科目1科目4単位)の合計30単位以上を修得し、必要な指導を受けたうえで、修士論文を提出し、修士論文の審査に合格すること。

▲ ページトップへ

特定課題研究コース<院内教育リーダー養成> ※2023年開設予定

○教育学、看護教育学・看護管理学を基盤とし、看護の現状に即した院内教育プログラムを立案・実施・評価できる能力の修得 ○リーダーシップ、組織運営について学習し、院内教育に関わる組織を編成し、
組織構成員となる看護師に指導的立場で関わるために必要な能力の修得
○看護基礎・卒後・継続教育など複雑さを増す病院実習を円滑に行うことができる実習フィールドマネージメントに必要な能力の修得 ○院内教育に関わる課題に着眼し、研究を通し、その課題を克服できる能力の修得

専門科目群:
看護教育学特論
院内教育実践Ⅰ <リーダーシップ論>
院内教育実践Ⅱ <教育プログラムの編成と研修の展開>
院内教育実践Ⅲ <実習フィールドマネージメント>
院内教育実践演習Ⅰ <院内教育プログラム開発と再編>
院内教育実践演習Ⅱ <研修計画の立案と実施>
院内教育実習 <インターンシップ>

カリキュラム

区分 授業科目 配当年次 単位数 授業形態
必修 選択
共通教育科目 生命倫理特論 1 2 講義
健康管理特論 1 2 講義
看護理論特論 1・2 2 講義
看護倫理学特論 1・2 2 講義
コンサルテーション論 1・2 2 講義
フィジカルアセスメント特論 1・2 2 講義
家族看護学特論 1 2 講義
看護管理特論 1・2 2 講義
データサイエンス 1 2 講義
専門教育科目 看護教育学特論 1 2 講義
院内教育実践Ⅰ<リーダーシップ論> 1 2 講義
院内教育実践Ⅱ<教育プログラムの編成と研修の展開> 1 2 講義・演習
院内教育実践Ⅲ<実習フィールドマネージメント> 1 2 講義・演習
院内教育実践演習Ⅰ<院内教育プログラム開発と再編> 1 2 演習
院内教育実践演習Ⅱ<研修計画の立案と実施> 1 2 演習
院内教育実習<インターンシップ> 2 2 実習
研究科目 看護研究方法Ⅰ 1 2 講義
看護研究方法Ⅱ 1 2 講義
特定課題研究 2 2 演習

※2023年4月移行のカリキュラムです。内容が変更になる場合があります。

修了要件

必修28単位(共通教育科目4科目8単位、専門教育科目7科目14単位、研究科目3科目6単位)、及び選択2単位(共通教育科目1科目2単位)以上、合計30単位以上を修得し、必要な指導を受けたうえで、特定の課題についての研究成果の審査に合格すること。

▲ ページトップへ

教員紹介

教授

  • 石川 りみ子
  • 小原 真理子
  • 日下 和代
  • 菅沼 ひろ子
  • 馬場 理
  • 原 礼子
  • 舟島 なをみ
  • 宮林 郁子
  • 山崎 章恵

准教授

  • 市川 きみえ
  • 稲葉 景
  • 北村 千章

講師

  • 大日向 陽子
  • 齋藤 正子

◆ 研究指導者教員紹介 (※は特別研究指導教員)

研究領域:発達・ヘルス支援看護学

職名・氏名 担当授業科目名 指導できる研究領域・指導した研究テーマ
教授
石川 りみ子 ※
  • 成人期看護学特論
  • 発達・ヘルス支援看護学演習
  • 看護研究方法
  • 看護特別研究
  • ・呼吸困難を有する慢性呼吸器疾患患者の療養支援に関する研究
  • ・在宅酸素療法患者のQOLに関する研究
  • ・化学療法を受けるがん高齢患者の療養支援
教授
菅沼 ひろ子 ※
  • ウィメンズヘルス看護学特論
  • 発達・ヘルス支援看護学演習
  • 看護特別研究
  • ・出産教育
  • ・更年期女性の健康と看護
  • ・分娩期の助産ケア
  • ・母乳育児支援
  • ・妊産褥婦への健康支援
  • ・産育習俗のもつ意味と意義
教授
宮林 郁子 ※
  • 看護理論特論
  • 看護倫理学特論
  • 看護管理特論
  • 成人期看護学特論
  • 発達・ヘルス支援看護学演習
  • 看護特別研究
  • 【研究領域】看護教育、看護倫理、管理政策、臨床看護
  • ・クリティカル領域での看護師の臨床知
  • ・手術室看護師の専門性の獲得プロセス
  • ・中堅看護師のリーダーシップコンピテンシー
教授
山崎 章恵 ※
  • 健康管理特論
  • 成人期看護学特論
  • フィジカルアセスメント特論
  • 発達・ヘルス支援看護学演習
  • 看護特別研究
  • ・排泄機能に障害をもつ人の自己管理およびケアに関する研究
  • ・消化器疾患をもつ人の自己管理およびケアに関する研究
  • ・手術を受ける患者の入院前患者教育に関する研究
准教授
市川 きみえ ※
  • ウィメンズヘルス看護学特論
  • 発達・ヘルス支援看護学演習
  • 看護特別研究
  • ・女性の出産体験と助産ケア
  • ・日本の出産環境の特徴と女性の出産の選択権を保障するための周産期医療体制の諸課題
  • ・助産の歴史
  • ・いのちの誕生にまつわるスピリチュアルケア
准教授
北村 千章 ※
  • 小児期看護学特論
  • 発達・ヘルス支援看護学演習
  • 看護特別研究
  • ・先天性疾患児(者)の就学・就労支援ネットワーク構築に関する研究
  • ・医療的ケアを必要とする子どもの学校看護師の支援体制構築モデル研究
  • ・22q11.2欠失症候群や難病のある人が地域生活を送るためのサポートシステム構築に関する研究
  • ・慢性疾患のある子どもの成人移行期支援モデル研究
講師
大日向 陽子
  • 発達・ヘルス支援看護学演習
  • 看護特別研究
  • ・慢性疾患を抱えた患者のセルフマネジメント支援や食生活構築に向けた看護、QOLに関する研究

※は特別研究指導教員

研究領域:包括ケア看護学

職名・氏名 担当授業科目名 指導できる研究領域・指導した研究テーマ
教授
小原 真理子 ※
  • 災害看護学特論
  • 包括ケア看護学演習
  • 看護特別研究
  • 国際・災害看護学領域
  • ①地域で生活する統合失調症を持つ当事者の被災体験
    ―東日本大震災後の精神科デイケアでの会話から―
  • ②東日本大震災時の沿岸地域の孤立集落における住民の共同活動
  • ③他職種が求める協働上に必要な看護師の役割
    ―災害拠点病院の中等症傷病者受け入れエリアに視点をあてて―
教授
日下 和代 ※
  • 生命倫理特論
  • コンサルテーション論
  • 精神看護学特論
  • 包括ケア看護学演習
  • 看護特別研究
  • ・精神科看護師のレジリエンスの実態に関する研究
  • ・精神障害者に対する精神訪問看護師の支援態度
    ―ストレングスモデルを用いて―
  • ・看護大学生の対人関係能力の育成を目指したEQ教育プログラムの効果に関する研究
  • ・デイケア利用者に対する精神症状改善のためのセルフケア支援
    ―リズム運動(ガム噛み)による介入―
教授
原 礼子 ※
  • 健康管理特論
  • 家族看護学特論
  • 在宅看護学特論
  • 包括ケア看護学演習
  • 看護特別研究
  • ・在宅ケアや訪問看護に関する領域
  • ・介護する家族へのケアに関する領域
  • ・地域におけるケア提供システムに関する領域
講師
齋藤 正子
  • 災害看護学特論
  • 包括ケア看護学演習
  • 看護特別研究
  • ・災害看護の領域
  • ・減災と男女共同参画
  • ・在宅看護の領域
  • ・災害と訪問看護

※は特別研究指導教員

研究領域:看護教育学

職名・氏名 担当授業科目名 指導できる研究領域・指導した研究テーマ
教授
舟島 なをみ
  • 看護教育学特論
  • 院内教育実践Ⅰ
  • 院内教育実践Ⅱ
  • 院内教育実践Ⅲ
  • 院内教育実践演習Ⅰ
  • 院内教育実践演習Ⅱ
  • 院内教育実習
  • 特定課題研究
  • ・看護基礎教育、看護卒後教育、看護継続教育における教授活動・学習活動の質向上と教育環境改善に向けた諸課題についての研究指導

その他関連分野

職名・氏名 担当授業科目名 指導できる研究領域・指導した研究テーマ
教授
馬場 理 ※
  • 看護特別研究
感染症・化学療法・薬剤耐性病原体関連領域
  • ・抗菌薬や化学療法に関する社会の意識に関する研究
  • ・感染症やワクチンに対する理解の涵養に関する研究
  • ・薬剤耐性病原体制圧に向けた看護分野における貢献に関する研究

※は特別研究指導教員

▲ ページトップへ

納付金

項目 金額
1年目 2年目 合計
春学期 秋学期
入学金 200,000円 200,000円
授業料 350,000円 350,000円 700,000円 1,400,000円
施設設備費 100,000円 100,000円 200,000円 400,000円
合計 650,000円 450,000円 900,000円 2,000,000円

▲ ページトップへ

お問い合わせ

清泉女学院大学 長野駅東口キャンパス 事務部
TEL:026-219-1650
E-mail:pilar@seisen-jc.ac.jp

▲ ページトップへ