総合TOPへ 清泉女学院大学

  1. 清泉女学院大学
  2. 人間学部
  3. 心理コミュニケーション学科
  4. 心理コース

心理コース

心理学は、人の心の働きを実験や調査、観察を通して科学的に明らかにする学問です。心理コースでは、臨床心理学、社会心理学、発達心理学、脳の心理学をはじめ、臨床現場や学校、企業で役立つ心理学を幅広く学ぶことができます。また、心理分野で初の国家資格である「公認心理師」の受験資格を得るために必要な科目も開講しています。

コースの特徴

心の理解やケアに必要な力とともに、
社会で幅広く役立つデータ分析力も養成

清泉女学院大学は、心理学を幅広く学ぶことができる長野県唯一の4年制女子大学です。
心理学を学ぶことで自分自身の心の特徴を知り、充実した大学生活を送るとともに、自分にあった「未来の私」を描いていきましょう。心理コースのカリキュラムは、段階的・体系的に編成されており、次のページに示すような「なりたい自分」のテーマに合った履修計画を立てることができます。
さまざまな分野の心理学を理論とスキルの両面から学ぶことによって、人の心の働きや社会の出来事を心理学の視点からとらえることができるようになります。また、学んだ心理学を家庭や社会の中で活かし、大切な人の「心の支え」になることを目指しましょう。

自分らしさ大切にする学びの履修モデル

自分自身の関心や将来の目指す姿に応じて、履修計画を立てることができます。清泉で「私らしい心理学の学び」を作っていきましょう。

① 心理の専門職として対人援助のプロになることを目指す

心理学の理論と技法を活かし、援助を必要としている人々の心の支えになることを目指します。卒業後は、現場で実務経験を積むもしくは大学院に進学して学びを深め、公認心理師の資格取得を目指すことも可能です。

1年次 心理学概論、心理学実験Ⅰ、心理実践ワークショップ

2年次 臨床心理学概論、カウンセリング、社会・集団・家族心理学Ⅰ、人体の構造と機能及び疾病

3年次 心理的アセスメントⅠ・Ⅱ、心理実習Ⅱ、障害者・障害児心理学、精神疾患とその治療、司法・犯罪心理学

4年次 卒業論文のテーマ例
「家族関係の認知と青年期の心理的適応」
「発達障害の子どもをもつ親の支援について」

② 社会調査について学び、現場で活きるリサーチ力を身につける

自ら調査を計画・実施し、分析することを通して、社会を読み解く力を身につけます。卒業後は企業等のリサーチ・マーケティング部門で活躍することが期待されます。

1年次 心理学概論、心理学実験Ⅰ、心理学研究法、心理学統計法Ⅰ・Ⅱ

2年次 心理データ解析Ⅰ・Ⅱ、心理学実験Ⅱ、教育・学校心理学

3年次 産業・組織心理学、心理学調査実習Ⅰ・Ⅱ

4年次 卒業論文のテーマ例
「衣服の色と職業イメージの関連」

③ 子どもから高齢者まで、他者を理解し、人とつながる力を養う

心理学の基礎と応用をバランスよく学び、社会や家庭で効果的に活かします。日々の業務の中のコミュニケーションや他者理解につなげます。企業での人事担当や顧客対応など。関わる力を活かします。

1年次 心理学概論、心理学実験Ⅰ、心理実践ワークショップ

2年次 発達心理学、感情・人格心理学、カウンセリング、社会・集団・家族心理学Ⅰ

3年次 心理的アセスメントⅠ・Ⅱ、福祉心理学、健康・医療心理学、道徳性心理学

4年次 卒業論文のテーマ例
「青年期の親子関係と精神的自立の関連」
「友人関係の発達的変化」

※科目については代表的なもののみを掲載しています。実際に資格取得を目指す際には、必要な単位をすべて満たす必要があります。

カリキュラム

PDFファイルで見る(279KB)

卒業後の進路

4年間の心理学の学びを活かして心理関連の専門職に就いたり、心理学の知識を活用してさまざまな分野に挑戦したりと、卒業後は幅広い活躍が期待されます。また、より専門性を高めるため大学院へ進学を希望する方へのサポートも行っています。

専門職として心理的援助を行う
  • ・病院勤務のカウンセラー
  • ・福祉施設のカウンセラーや相談員
  • ・児童相談所や児童福祉施設の職員
  • ・教育現場でのスクールカウンセラー
  • ・産業分野でのカウンセラー
  • ・法務省の職員(心理関連)
心理学の学びをより深める
  • ・大学院進学
  • ・心理学の研究者
心理学の知識を活かした部署で働く
  • ・企業の顧客調査、マーケティング担当
  • ・企業の営業部門や広報担当

また、心理学を学ぶことで得られる知識やコミュニケーションのスキルは、仕事のみならず家庭や地域でさまざまな人と関わるうえでも大いに役立てられます。

大学案内の請求申込みはこちら 冊子の募集要項は作成しておりません。