清泉女学院大学 清泉女学院短期大学

  1. トップページ
  2. 清泉女学院について
  3. 研究活動に関して

研究活動に関して

本学の研究倫理について

本学では、研究者の学内外における研究活動の信頼性や公正性を確保するため、学内における規程の整備、 各種委員会や研究支援部署の設置などの体制整備を推進してきました。
このたび、平成27年4月1日に「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(文部科学省)が適用されることを受け、 これまでの学内の研究倫理に関する体制等の見直しを図り、「清泉女学院大学及び清泉女学院短期大学 研究倫理規程」を次のように制定しました。

公的研究費の運営管理について

本学では、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成26年2月15日文部科学大臣決定)(平成26年2月18日改定)の策定に伴い、 国又は独立行政法人から本学に配分される公的研究費における不正使用を防止し、適正な運営・管理を行うための体制を明確にするとともに、「基本方針」「行動規範」「不正防止計画」等を定めた「公的研究費運営・管理規程」を次のように制定しました。

<公的研究費に係る運営・管理体制> 体制図

<基本方針>

基本方針

<行動規範>

行動規範

相談窓口・不正通報窓口

相談窓口

公的研究費の事務処理手続き及び使用ルールに関する学内外からの相談窓口を設置しています。
◆教育文化研究所 事務局
TEL:026-295-1301
E-mail:keiei-kenkyu@seisen-jc.ac.jp

不正通報窓口

研究活動における不正行為や研究費の不正使用に関する相談・通報窓口を設置しています。
下記をご確認ください。

1.相談・通報は書面、電話、FAX、電子メール、面談により受け付けています。

2.相談・通報の際は、原則として下記の項目を明記してください。

①通報者所属・職・氏名、連絡先 ②通報対象者・所属・職・氏名 ③不正の種類・内容
④不正が行われた時期(期間) ⑤証拠書類の有無 ⑥対象となる研究費
※原則として、通報は顕名によります。匿名での通報等の場合、適正な調査を行えない可能性があります。
※上記②~⑥については、わかる範囲でご記入ください。

3.内容の確認のため、担当者から連絡をさせていただく場合があります。

4.調査の結果、通報が悪意に基づいていると判明した場合、通報者の氏名の公表、懲戒処分、刑事告発等を行う場合があります。

5.その他、本学「研究における不正行為防止・対応規程」の内容についてもご確認ください。

<お問い合わせ・書面等送付先>
〒381-0085 長野県長野市上野2-120-8
清泉女学院大学・清泉女学院短期大学
経営企画局

TEL:026-295-1301 FAX:026-295-6420
E-mail:keiei-kenkyu@seisen-jc.ac.jp

その他

<関連LINK>
研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン(文部科学省)
研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(文部科学省)