総合TOPへ 清泉女学院短期大学

  1. 清泉女学院短期大学
  2. TOPICS

短大のTOPICS

「雷鳥保育園」の3歳・4歳・5歳の幼児さんと保育交流会を行いました

2021年06月18日 【 幼児教育科

6月16日(水)、「保育者論1」碓井グループの1年生10名の学生が、長野市田子にある「雷鳥保育園」の3歳・4歳・5歳の幼児さんと保育交流会を行いました。信州型自然保育認定園であることから、屋外で五感を通して遊ぶ活動を対象年齢も踏まえながら考えました。学校で学んだ様々な知識を振り返り、学生達で考えられる限りの準備をして当日を迎えました。しかし、学んだ理論ではわかっていても実際の子どもの姿とは異なりました。事前の計画もしたつもりでも、いざ子どもの前に立つとどうしたらいいのか戸惑いました。しかし、子どもは「可愛い」「凄い」「面白い」ということを感じることができました。そして、課題もこれからの目標も見

詳細を見る

棟田聖子先生特別講演会

2021年06月17日 【 幼児教育科

6月9日(水)、幼児教育科1年生を対象とする授業「保育者論」で、松川村図書館館長で絵本専門士の資格をお持ちの棟田聖子先生をお招きし、「絵本のある暮らし」と題したご講演をいただきました。機械が発達した現在、人が直接子どもに絵本を読み聞かせることの意義や、長年読み継がれる絵本が持つ特徴、ファンタジー世界が心に与える影響などについてお話しいただきました。ご講演の中では、読み聞かせ前に行う導入や、パネルシアター、エプロンシアターなどの実演、紹介も交えてくださいました。保育者を目指す1年生にとっては絵本をはじめとする児童文化財を実際に見聞きし、その楽しさや保育における重要性を学ぶ貴重な体験となりました。

詳細を見る

視覚障がい者スポーツを楽しみました(国際コミュニケーション科籔田ゼミ)

2021年06月15日 【 国際コミュニケーション科

国際コミュニケーション科2年生の籔田ゼミでは、多文化共生について学んでいます。今年は視覚障がい者の方との交流を通して、誰もが大切にされる多文化共生社会とは何かについて考えています。春学期は、多文化共生に関する文献を読んで発表を行い、オンラインで視覚障がい者の方やサポートをしている方のお話しを聞いて理解を深めてきました。そして6月5日に視覚障害者のプレーヤーの方々をお招きし、感染症対策を徹底した上でブラインドテニスの体験会を行いました。ブラインドテニスはバトミントンのコートの大きさで、バウンドしたときに音が出るように工夫されたボールを使います。サイドラインやエンドライン上にはひもが張ってあるため

詳細を見る

6月2日 手作り味噌の仕込み

2021年06月10日 【 幼児教育科

保育者論Ⅰのグループ活動で、皐月かがやきこども園の年長児と手作り味噌の仕込みをしました。入学後初めて幼児と交流するにあたり、事前に保育現場でのマナーや健康・行動管理について、極基本的なことを確認しました。そして、当日は、子どもたちに笑顔で接することと、素早く行動することを心掛けるようにということで訪問しましたが・・。いざ、子どもたちを前にすると、どのように話しかければいいのか戸惑ってしまったり、いろいろな子に目が向かず、目の前の子とばかり話をしてしまったり、と子どもと接するのは思ったよりも難しいと感じた学生が多かったようです。中には、先生方の様子をよく観察し、自分に足りないものに気づいた学生も

詳細を見る

学生制作動画のご紹介

2021年06月04日 【 国際コミュニケーション科

昨年、国際コミュニケーション科では、授業の一環で学科紹介動画の作成を行いました。それぞれ学生の個性が活かされた作品になりました!ぜひご覧ください。

詳細を見る

12345...49