総合TOPへ 清泉女学院短期大学

  1. 清泉女学院短期大学
  2. TOPICS
  3. 幼児教育科

短大のTOPICS

学長杯幼教表現コンテストの練習大詰め

2019年10月07日 【 幼児教育科

グラウンドから聞こえてくる大きな声。幼教の1年生が大きな円を作って発声練習をしています。10/13に迫った清泉祭での表現コンテストに向けどのクラスも真剣です。表現コンテストまで残り1週間となりました。各クラスごと、朝早くから夜遅くまで、空き時間を見つけては、劇の練習や準備を進めています。キャンパス内は、歌声やセリフを練習する声で溢れています。楽しく練習をする中でも、発表のことで友達と真剣に向き合い、悩む姿も沢山見られます。どのようにしたらみんなが同じ方向を向いて頑張ることができるのか、子どもたちが見た時に目を輝かせるような発表をするにはどうしたら良いのか、毎日壁にぶつかりながらもクラスみんなで

詳細を見る

「みわっ☆SEクラブ」なべくら高原での活動

2019年10月03日 【 幼児教育科

9月28日障害のある子どもたちの発達支援をしている「みわっ☆SEクラブ」の学生たちが、子どもたちと一緒になべくら高原に行ってきました。これは、代々受け継がれてきた活動で、みんなでブナの森を散策したり、木の実を拾ったりして楽しみます。 ・ 今年は、拾った木の実を使って、子どもたちと一緒にフォトフレームを作りました。お弁当を食べた後は、シャボン玉などをして遊びました。4月から月に一度子どもたちと交流しているので、随分仲良くなり、笑顔がたくさん見られました。 ・ 今月から、12月28日東部文化ホールでの発表会に向けての活動が始まります。お子さんの特性に合わせて、楽しい活動になるよう学生たちは知恵を絞

詳細を見る

わんわん読書会の練習

2019年08月07日 【 幼児教育科

子どもと動物のかかわりをテーマとしている長谷川卒業研究セミナーは、本学図書館の協力を得て、10月26日(土)に行われる「キッズカルチャーExpo2019」で「わんわん読書会」を企画します。 この読書会は、子どもが犬に読み聞かせをするというもので、犬とのふれあいを通して心が満たされたり、お話しを楽しんだり、読むおもしろさを感じたりと、様々なことをねらいとしています。犬とのふれあい&読書体験を合わせたような欲張りなプログラムです。 この企画に参加してくれるのは、清泉動物介在活動チームに所属している地域のボランティアの皆さんです。普段は、学生と一緒に「スマイル☆キッズわんクラブ(小学生と犬のふれあい

詳細を見る

保育者論Ⅰ全体会(学習成果発表会)

2019年07月30日 【 幼児教育科

7月24日保育者論Ⅰのまとめとして、各グループの学習成果発表会を行いました。 保育者論Ⅰでは、ゲストスピーカーを招いての講演会や、様々な体験を通して学ぶグループ別授業を通して、保育職の社会的意義と役割や保育者に求められる資質などについて学びます。 この日は、春学期の学習成果を各グループ5分以内にまとめ発表しました。グループのメンバー10人で協力して、どのようにしたら自分たちの学びを伝えられるかと、写真や劇、パフォーマンスなど思い思いに工夫されており、楽しく見たり、聞いたりできました。学習成果の内容はもちろんのこと、友だちと協力することや人に伝えるための工夫など、この活動を通して保育者になるため

詳細を見る

「学長杯・表現コンテスト」に向けて準備が始まりました

2019年07月29日 【 幼児教育科

現在、幼児教育科では秋の清泉祭の催しのひとつ「学長杯・表現コンテスト」に向けて準備を行っています。これは、幼児教育科1・2年生A・B2クラスずつの計4クラスが、クラスごとに子どもを対象とした劇の表現発表を行い、その表現力を競う清泉祭恒例のイベントです。仲間と協力・協働しながらひとつの作品を作り出す、授業・実習で培った力を活かし、子どもが楽しめる表現やパフォーマンスを実践する、保育現場で必要となる行事・イベントの準備・運営を体験することを目的としています。 今年は清泉祭第二日目10月13日(日)午前中に本学体育館で行われます。詳細が決まりましたら本学ホームページでお知らせいたします。ぜひお出かけ

詳細を見る

12345...19