清泉女学院大学 清泉女学院短期大学

  1. 総合案内TOP
  2. 清泉の取り組み
  3. 地域連携センター

地域連携センター

写真

開かれた大学を目指して

2008年4月、清泉女学院地域連携センターが設立されました。
長野の地において短期大学は1981年(保育専門学校は1964年)に、また、大学は2003年に開学して以来、地域の方々に支えられ、今日までに9000人を超える卒業生を社会に送り出してまいりました。
今まで築かれた伝統を土台に、「キリスト教の精神に基づいた学園として建学の精神の具現化」、「地域に根ざした清泉女学院の新たな学園の創造・発展」に取り組んでおります。
地域連携センターでは本学の知的財産の開放・学生の地域活動を推進し、地域社会と新たなパートナーシップを構築することを目標に、教職員と学生が一体となって地域とつながる仕組みを築き、地域から学び地域に貢献する「清泉女学院地域連携プロジェクト」を推進します。
子育て支援・教育における多様化するニーズへの対応・高齢化社会における生きがい、健康で豊かな人生設計など、地域の皆さんと共に豊かな共生社会の創造を目指すことが「清泉女学院地域連携センター」のミッションです。

学生が地域とつながる仕組み

学生が地域とつながる仕組み相関図

1.産学官連携の推進

自治体やNPO等とともに、社会的な課題について一緒に取り組んでまいります。

<連携協定締結団体>
長野市・千曲市・信濃町・小川村・長野県障がい者スポーツ協会
NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会

長野商工会議所との包括連携協定

平成27年8月31日、長野商工会議所との包括連携協定の締結調印式が行われました。
長野商工会議所と清泉女学院大学・清泉女学院短期大学は、これまでにも商工会議所へのインターンシップの実施、伝統行事へのボランティア参加など、連携して活動を行ってきました。
今回、さらに発展・拡大を図るため、包括的な連携協定を締結し、相互に協力して地域産業・観光の振興、教育研究の充実及び人材の育成を通して地域の発展に寄与したいと考えております。


[協定の連携事項]

  • (1)地域産業・観光の振興及び地域づくりに関すること
  • (2)地域の発展に係る共同研究の推進に関すること
  • (3)産学連携に関すること
  • (4)地域文化及び伝統行事等の振興並びに地域活性化の推進に関すること
  • (5)国際交流の推進に関すること
  • (6)教育の推進と支援及び教育への提言に関すること
  • (7)生涯学習の推進に関すること
  • (8)インターンシップ等の現地学習に関すること
  • (9)施設等の利用に関すること
  • (10)その他両者が必要と認める事項

※具体的な連携等は今後、本学ホームページのTOPICS等でご報告します。


写真 写真 写真

リンク:長野商工会議所ホームページ


2.生涯学習の推進

地域に開かれた大学として清泉の持つ知的資産を開放し、地域と連携しながら積極的に学びの場を提供します。

3.学生の社会参加の推進

学生の学びや成長を支援する場としてボランティア活動を推進しています。

地域連携センターニュース

(PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Acrobat Readerが必要です)

地域連携センターへのお問い合わせ

清泉女学院大学・清泉女学院短期大学 地域連携センター
〒381-0085 長野県長野市上野2-120-8
TEL 026-295-1325(直通)・026-295-5665(代表) FAX 026-217-2846
E-mail chiiki@seisen-jc.ac.jp