総合TOPへ 清泉女学院大学

  1. 清泉女学院大学
  2. 人間学部
  3. 文化学科
  4. ゼミ(教員)紹介

文化学科 - ゼミ(教員)紹介

小泉 真理

専門分野
文化人類学
コミュニティデザイン
主要担当科目
比較文化論
文化学論

文化人類学ゼミ

文化人類学的視点から人間社会の多様性や普遍性について考えながら、今という時代を探求していきたいと考えます。人間はコミュニティ(共同体)を作り、その中で文化が創造されていきます。「フィールドワーク」科目を担当し、学生とまちを歩き、コミュニティをめぐる課題に取り組んでいきます。

古橋 昌尚

専門分野
文学
アメリカ文化
主要担当科目
生命の倫理
文学とメディア

キリスト教と文化ゼミ

2000年のキリスト教の歴史を背景に、日本でいかにキリスト教の文化的受容が行われてきたかについて、主に『沈黙』、『深い河』等の文学作品を通して検討します。日本では16世紀の中頃に伝えられ、切支丹時代を経て、禁止令、鎖国時代、信徒の発見、第二バチカン公会議、アジア特別シノドスなどを経て今日に至っています。この歴史をとおして文化がキリスト教受容においていかなる役割を果たしてきたかを精査します。

山貝 征典(学芸員課程担当)

専門分野
アートマネジメント
キュレーション
主要担当科目
博物館展示論
博物館実習

現代アートゼミ

美術と社会をつなぐ仕組みを考え実行するアート・マネジメント、美術作品制作や展覧会実施に関わるキュレーションの手法を通じて、芸術文化を読み解いていきます。また新しくて評価が定まっていないからこそおもしろい現代アート表現の作家・作品研究や、博物館学や美術館運営に関する実践研究、美術分野での展示や空間構成デザインなどを学びます。

川北 泰伸

専門分野
公共政策
まちづくり
主要担当科目
文化政策論
企業文化論

公共政策ゼミ

フィールドワークや行政・企業との共同研究プロジェクトを通して、行政学の視点から政策形成や政策実施を研究します。公的問題をめぐる行政や企業、地域住民を捉え、法律・政治・経済・経営などの知識を総合的に活用し、「問題の本質とは何か」を議論します。これらのプロセスを経て、卒業論文では解釈や分析で終わらず、政策を提言することを目指します。

榊原 直樹

専門分野
ユニバーサルデザイン
文化情報学
主要担当科目
文化多様性論
感性文化論

情報のユニバーサルデザインゼミ

ユニバーサルデザインの観点から、多様な人々が生み出す文化を理解し、新たな文化の創造を目指します。ゼミでは、社会課題の解決に関心のある皆さんが、WebやAI、IoTといったIT技術を、課題に対してどのように適用すればよいか研究をしています。課題の分析からはじめ、解決のためのプロトタイプを作成し、実験をして検証をおこなうプロセスを通じて、問題解決力を高めていきます。

村尾 静二

専門分野
文化人類学
エリアスタディーズ
主要担当科目
地域文化論
日本文化論

人類学・民俗学・地域研究ゼミ

文化の資源となるもの、文化の形成と伝承の社会的仕組み、そこから新たに創造される地域社会について考えるなかで、文化を多角的にとらえる視点について学びます。さらに、国際化が進む現代社会を背景に、文化の多様性と普遍性を理解し、日本文化についても理解を深め、文化と主体的にかかわることを通してより良き社会を実現していくための生き方を探求します。ゼミでは文献の解読とフィールドワークを行い、その成果を論文や映像作品にまとめます。

田村 亮子

専門分野
哲学、神学
英語基礎
主要担当科目
Critical Thinking
伝統文化論Ⅱ

人間の知性の仕組みと、文化の成り立ちの関係と歴史を俯瞰する「哲学」や、他者から伝えられてくる知識を正しく理解し、自分の持つ知識と結びつけて発展させる方法を学ぶことで、人生設計の基本とする道筋を探求する「クリティカルシンキング」などを担当します。

多彩なゲスト講師

仕事の最前線で活躍する実務家を授業に招き、最先端の実践知を学ぶことができます。

例)

  • ●新聞社の編集委員
  • ●テレビ局職員
  • ●博物館学芸員
  • ●ラジオパーソナリティ
  • ●色彩コンサルタント
  • ●公務員
  • ●商工会議所職員
  • ●観光協会職員
  • ●銀行員
  • ●経営者
大学案内の請求申込みはこちら 冊子の募集要項は作成しておりません。