総合TOPへ 清泉女学院短期大学

  1. 清泉女学院短期大学
  2. TOPICS
  3. 短大

短大のTOPICS

幼児教育科 保育者論にて、発達障害児支援を学びました。

2024年05月16日 【 幼児教育科新演習棟短大

5月15日(水)保育者論の授業にて、発達障害児支援を学びました。 次週、児童発達支援センターに訪問し、療育活動を観察するにあたって、療育で展開される理論と実践をレクチャーしたあと後、ボディソックスを体験したり、ソフトブロックを使った遊びを組み立てました。前庭覚と固有覚を意識して、足裏の感覚刺激を促す遊びをチームに分かれて組み立て、相互に評価しあいました。終了後は、玩具を消毒するなど基本的な保育スキルも学びました。

詳細を見る

幼児教育科 保育者論 春の草花を使った調理実習を行いました。

2024年05月16日 【 幼児教育科新演習棟短大

5月8日(水)保育者論の授業では春の草花を使った調理実習を行いました。 子どもたちと四季折々の暮らしや自然とともに食を楽しめる保育者を目指して、食べられる草花、その保存や調理法を調べ、実践しました。4/17日に桜の花やヨモギなど身近な草花を採取し、塩漬けに、8日は塩抜き、調理をしました。ヨモギや桜のクッキー、フキのきんぴら、桜の花びらのジャムなどを作りました。すぎなのお茶は、色鮮やかでしたが、ちょっぴり土の香りが残っていました。   

詳細を見る

幼児教育科 保育演習室で紙芝居大会!

2024年05月09日 【 幼児教育科新演習棟短大

「保育者論Ⅰ」のグループ授業で、「紙芝居大会」を保育演習室で行いました。初めて人前で演じる学生もいましたが、園児になりきった学生と静かに見つめる子どもたち(あかちゃん人形)に囲まれ、保育室の雰囲気を感じながら楽しんで演じました。参加型の紙芝居もあれば、シュールな紙芝居もあり、その演じ方も様々です。声の高低や緩急、抜き方などを工夫して、紙芝居の世界を子どもたちに届けたいと思いました。次回は、近隣園のと交流会で実演します。

詳細を見る

国際コミュニケーション科 春の静修会を行いました

2024年05月09日 【 国際コミュニケーション科短大

静修会はカトリック学校である清泉ならではの行事です。建学理念であるキリスト教精神に触れる機会として、12月のクリスマス静修会がありますが、春の静修会は、人間理解や生きる意味の探求、自己や友人と静かに向き合う機会として提供されます。2024年度春の静修会は、本学設立母体の聖心侍女修道会のシスター窪寺洋子先生に来ていただきました。教えてくださったのは、修道生活を始めた頃のいくつかのエピソード。陽気な笑いを交えながらも、それらの出来事の全部に、心を磨くために神さまが下さったレッスンとしての意味を見出していった経緯が語られて、学生たちは皆、普段の授業とはまた違った真剣な面持ちで聞き入っていました。

詳細を見る

国際コミュニケーション科 学科セミナーを行いました

2024年05月09日 【 国際コミュニケーション科短大

国際コミュニケーション科の学科セミナーが4月27日に行われました。 毎年恒例の「ゆるスポ」。テレビなどでも紹介されていますが、スポーツが得意でも得意でなくても、みんなが楽しめる工夫のあるスポーツです。世界ゆるスポーツ協会のご協力のもと、フェイスマッチ、シーソー玉入れ、洗濯テニスの3競技を体験しました。どの種目もチームワークがポイントなので、各チームで自然とコミュニケーションが生まれ、新しい友達作りのきっかけにもなりました。優勝はやはり2年生。1年間グループワークなどで培ったコミュニケーション力が発揮されました。最初は緊張していた学生たちも、競技が進むうちに笑顔になり、笑い声や応援する声が会場

詳細を見る

123456...18