総合TOPへ 清泉女学院短期大学

  1. 清泉女学院短期大学
  2. TOPICS
  3. 国際コミュニケーション科

短大のTOPICS

地域情報コース(2年生)卒研ゼミ東京視察研修報告

2013年07月03日 【 国際コミュニケーション科

地域情報コースでは6月22日~23日の一泊二日で「東京アート&デザイン研修」を実施しました。長田ゼミと武田ゼミはそれぞれ、SJCニュースと観光パンフレット制作に取り組んでいます。長野では触れる機会の少ないアートな空間、デザイン展などをゆっくり視察するのが目的です。一日目は、青山学院大学の新聞部のみなさんと新聞づくりの苦労ややりがいについて意見交換をした後、原宿・表参道・渋谷周辺のアート展覧会を自由散策し、夜は本日の研修を振り返るゼミを行いました。二日目は、文化学園大学の横山先生による特別授業「五感で感じるデザイン」を六本木のアメリカンクラブで受けました。その後は、各自六本木ミッドタウンの空間デ

詳細を見る

千曲市あんずの里で体験学習を行いました

2013年07月02日 【 国際コミュニケーション科

6月30日(土)国際コム科1年生ビジネスコースの28名が千曲市のあんずの里で杏の収穫とシロップ漬けを体験しました。今年は春先の低温と霜害の影響で、杏は例年の3割程度とのことでした。そんな貴重な杏の保存食づくりは意外にも簡単なもので1時間程度で完了でした。杏の収穫は高いところは脚立を使いますが、面白いほど簡単に取れるのであっという間に収穫かごがいっぱいになりました。長野県は青森県に次ぐりんごの産地ですが、実は杏も青森に次いで第二位の生産量。スーパーには流通していない杏も多くあるのですが、生食用はとても甘く、夏前の地元産フルーツとしてもっと流通してほしいなあと思いました。一次産業と二次産業(商品加

詳細を見る

車いすバスケットを行いました

2013年06月26日 【 国際コミュニケーション科

「スポーツとノーマライゼーション」の授業で、Adapted Sportsを通じたノーマライゼーション社会について学んでいます。障害のあるなしにかかわらずスポーツはスポーツ。その人に適した方法で行うことで、 誰もがスポーツを楽しむことができます。障害とは、人と環境の間に存在する。如何に環境が重要であるか授業の中で様々な事例を通じて学んでいます。物的環 境はもちろん人的環境の重要性についても学習を行ってきました。そのような積み重ねをベースに、今回は車いすバスケットの授業を行いました。車いすバス ケットの選手をゲストとしてお迎えし、バスケットの技術のみでなく、今まで授業で学んだことを体験・実践する貴

詳細を見る

今年も栄村フィールドワークです!

2013年06月04日 【 国際コミュニケーション科

6月1日(土)~2日(日)、国際コミュニケーション科1年生14名が栄村でフィールドワークを行いました。今年も新緑の村でたくさんの田舎暮らし体験をしました。まずは、おいしい青倉米を作る棚田に水を供給する標高千メートルの「野々海池」ドライブ。冬には十メートルもの積雪に覆われるため池は雪解けの真っ最中。ブナ林の新緑がまぶしい春の始まりでした。そして、田植え、栄村の絶景を眺めながらの古道歩き、郷土食あんぼづくりを2日間でたっぷり味わいました。滞在した青倉地区は、2年前の震災で大きな被害を受けた地区の一つ。数年前には古民家が多かったのですが、今では多くの家が建て直され景色が一変しました。でも、村の方々の

詳細を見る

春の教育実習に取り組みました

2013年05月31日 【 国際コミュニケーション科

教職課程を履修している国際コミュニケーション科の2年生が1年間かけて準備してきた英語科の教育実習を行いました。今日の授業の最後に、受動 態の導入の予告をしました。"English is spoken in that country." 次の授業で、展開まで進める予定です。「うまく伝わるか」「みんな分かってくれるか」「アクティビティは盛り上がるか」... 不安だらけですが、立ち止まっているわけにはいきません。終わりのベルが鳴ったら、次の授業の準備です。 無我夢中で取り組んだ実習を終え、生徒 達にお礼の挨拶をし終えたら、応援団が前に出てきて、「採用試験、頑張って下さい! フレー、フレーっ!」のサプ

詳細を見る

1...1617181920