清泉女学院大学 清泉女学院短期大学

  1. 総合案内TOP
  2. 総合のTOPICS
  3. 9月16日(土)第12回2017年度遠藤周作学会・全国大会開催のご案内

INFORMATION

9月16日(土)第12回2017年度遠藤周作学会・全国大会開催のご案内

2017年08月02日 【 重要なお知らせ

作家遠藤周作の作品やテーマを研究対象とした学会ももう今年で12回目の開催となります。
昨年は遠藤周作没後20年、『沈黙』刊行50年を記念して、長崎市による国際シンポジウムや遠藤周作学会による長崎外海の遠藤周作文学館での国際シンポジウムなど、様々な催しが開かれました。

日本でもスコセッシ監督による映画『沈黙――サイレンス』が公開され、改めて原作『沈黙』が脚光を浴びています。
その遠藤周作学会の全国大会が今年、長野市上野の清泉女学院大学で開催されます。

本学からは、人間学部の古橋昌尚先生が映画『沈黙』と原作を巡って講演をおこない、その他、『沈黙』以外の作品や遠藤文学の諸テーマをめぐる発表が予定されています。
日本中の遠藤研究者が一堂に会する機会でもありますので、ぜひご参加いただければ幸いです。

開催日時
2017年9月16日(土)

会場
清泉女学院大学 F館2階 参加無料

プログラム
運営委員会12:00~13:20
1.受付12:50~13:30
2.開会の辞13:30 遠藤周作学会代表 川島秀一
3.総会13:35~13:55
4.研究発表
①「ミステリー作家」としての遠藤周作――『影なき男』が示すもの――
  南山大学 金承哲(14:00~14:30)
② キリシタン史料から考察する「留学生」のトマス荒木
―『沈黙』のプロローグとして―

  上智大学大学院 香川雅子(14:30~15:00)
③ 遠藤周作『死海のほとり』〈巡礼〉の章における「事実」と「真実」
―フランクル『夜と霧』との関連性をめぐって―

  広島大学大学院 倪楽飛(15:10~15:40)
④ 遠藤周作『砂の城』論―〈憧憬〉に込められた作品構成―
  広島大学大学院修了 佐藤まどか(15:40~16:10)
⑤ 遠藤文学における小西行長
―『ユリアとよぶ女』『鉄の首枷―小西行長伝』『宿敵』を中心として―

  京都外国語大学 長濵拓磨(16:10~16:40)

5.講演
スコセッシはどう『沈黙』を読んだか――映画Silenceと原作の比較をめぐって
  清泉女学院大学 古橋昌尚(16:50~17:50)

6.閉会の辞17:50~18:00 遠藤周作学会副代表 山根道公

懇親会 (19:00~21:00)
○会場:ホテル信濃路
○会費:6,000円, 学生(院生・研究生)4,000円

〒700-8516 岡山県岡山市北区伊福町2-16-9
ノートルダム清心女子大学山根道公研究室
遠藤周作学会事務局(Tel.086-252-3129) E-mail:yamane@post.ndsu.ac.jp

前の記事 |  新着一覧に戻る  | 次の記事