清泉女学院大学 清泉女学院短期大学

  1. トップページ
  2. INFO & TOPICS
  3. 国際交流センター

INFO & TOPICS

姉妹校・ハニャン女子大学への留学~1ヵ月レポート~

2019年04月24日 【 国際交流センター

 3月からの新学期に向けて、2月末に韓国・ソウルに入りました。 生活には1週間ほどで慣れたと思います。ハニャン女子大学の学生はみんなフレンドリーで、お昼ご飯に誘ってくれたり、休日には遊びにも連れて行ってくれたりするので、友達がたくさんできました! 授業は、全て韓国語で進度も早いのですが、知らない単語や基礎的な発音・文法から学べる充実した内容です。先生もわかりやすい単語や文法を使ってゆっくり話してくださいます。予習・復習は毎日必ずしています。テストがまめにあって、新しい文法は次の日からどんどん使っていくので、学んだことはその日のうちにしっかり理解できるよう努力しています。 寮では、モンゴル人と韓

詳細を見る

「そば打ち体験」~留学生と地域の方々との交流~

2018年11月22日 【 国際交流センター

 本学の最寄の三才駅は、しなの鉄道北しなの線で長野駅から二つ目の駅。キャンパスは、駅から坂のある住宅街を上がった、小高い丘の上にあります。住宅街に生える草木や樹木、昭和の森公園に隣接する雑木林は、四季折々で目を楽しませてくれます。そんな三才駅のほど近く、古里地区・西三才から『せいろの会』の皆様が、留学生にそば打ちを教えに来て下さいました。  現在、韓国・漢陽(ハニャン)女子大学から、4人の交換留学生(セメスター留学生)、2人の編入学生が清泉で学んでいますが、彼女たちはみんな「そば」が大好き。そんな6人がそば打ち体験に挑戦しました!  まずはそば粉に水を含ませて、だんだんと固まってきたら練ってい

詳細を見る

「日韓交流トークショー」開催!

2018年11月09日 【 国際交流センター

韓国・漢陽(ハニャン)女子大学と本学は姉妹校関係にあり、その交流の歴史は長く、毎年お互いの学生が行き来しています。現在、清泉に一学期間(約4か月)在学しているセメスター交換留学生は4人で、9月から長野・清泉で生活し、勉強しています。 その4人が、このたび「日韓交流トークショー」を企画し、本学の音楽堂で開催しました。テーマは、「K-POPとJ-POP」「日韓の高校生活」。K-POPは、日本の10代、そして本学の学生にも大人気。高校生活も、"ついこのあいだ"のこととして、とても身近なトピックです。K-POPは、アーティストがクイズ形式で紹介され、曲がスクリーンに映し出されると、口ずさんだり、身体を

詳細を見る

テキサスから教会関係者の方々が来校

2018年06月12日 【 国際交流センター

6月1日(金)、米国テキサス州から教会関係者4名が来校し、本学学生との交流を育みました。講義「English for International Exchange」の中では、テキサスの地理、食習慣、日常生活、家族のことなどを紹介していただいた後に、学生が英語で質問を投げかけながらの意見交換。日本との違いに驚嘆・共感しながらも、遠いテキサスに思いを巡らせました。講義名の通り、"国際交流のための英語"を実践しながら学べる場として、表情豊かに交流する学生の姿が印象的でした。最後は、混迷が続く「難民問題」について、現場で活動した4人からプレゼンテーション。難しいテーマであり、日本にいると、どこか遠いと

詳細を見る

今年もミズーリ大学コロンビア校からのお客様!

2018年06月04日 【 国際交流センター

5月23日(水)、24日(木)、ミズーリ大学コロンビア校から、学生と教員合わせて9名が来校しました。長野県と米国ミズーリ州は姉妹・友好提携を結んでおり、50年以上の交流の歴史があります。同校が本学を公式訪問するのも3回目となりました。浴衣の着付、茶道、書道、生け花をはじめとした日本文化体験では、日本の礼儀・作法を学んでいただきました。浴衣の可愛さに声を上げたと思えば、書道や生け花では一転して真剣な表情に。そして、茶道における正座はとても大変そうでした。双方の文化を紹介するプレゼンテーションでは、本学の学生は「着物」「お菓子」「成人式」について、ミズーリ大学の学生からは「ミズーリ州コロンビア市に

詳細を見る

12345