清泉女学院大学 清泉女学院短期大学

  1. 総合案内TOP
  2. 総合のTOPICS

INFORMATION

市長と話そう~長野市の未来~

2015年08月21日

 8月19日(水)に、長野市役所において「市長と話そう~長野市の未来~」という市長と長野市の大学・短大・専門学校に通う学生(10名)との意見交換会が行われました。本学からは大学3年生の田中咲希さんと、短大国際コミュニケーション科2年生の松本美緒さんが出席しました。  学生からは交通違反の無い長野市、子育て支援の向上、中心市街地駐車場整備による景観向上、高齢者支援、スポーツイベントによるスポーツ市政、健康維持向上のための食品表示、外国人観光客への情報発信、若者イベントによる誘客と活性化、物流をともなわない情報産業の誘致など、多様な意見や提案が学生からなされました。  田中さんと松本さんも、それぞ

詳細を見る

「おしゃべり同期会」を開催しました ~この春卒業した仲間たちが久しぶりに集いました~

2015年08月10日 【 お知らせキャリア支援センター

 今春の卒業生を対象とした「同期会」を8月9日(日)市内のホテルで賑やかにおこないました。卒業後、それぞれ新たなスタートをして4ヶ月。仕事や新しい生活に少しずつ慣れてきたものの、 現実のギャップや厳しさを実感してストレスも溜まり始めている人が多いこの時期に、会では仲間や教職員と愚痴をこぼし合い、励まし合い、そして学生時代の思い出話で笑い合い発散することで、 明日からの頑張る活力になったようです。  ランチをいただきながら話に花を咲かせ、ビンゴゲームで盛り上がり楽しい時間はあっという間。みなさんの笑顔がとても印象的でした。気分を一新し「頑張って仕事を続けていきたい。」という声が聞かれました。

詳細を見る

7月8日・7月23日 「学内 企業合同説明会」を開催しました

2015年07月24日 【 キャリア支援センター

 本学に期待を寄せ採用に意欲的な企業と新たな出会いを求める学生の希望を受け、学内に約20社の企業を招き、今年度初めて7月に2回の「企業合同説明会」を開催しました。  参加した学生たちは興味関心のある企業だけでなく、限られた時間を有効に活用して多くの企業からの話を聞き、仕事への理解を深め、新たな受験先を得る機会になったようです。 今後の活動に弾みをつけて欲しいと願っています。  いよいよハローワークに登録した企業の求人も公開となり、夏から秋にかけてが大きな就職活動のピークとなりそうです。  キャリア支援センターでは個々の学生の状況と希望を把握しながら、それぞれに合った支援を継続していきます。

詳細を見る

ラファエラ・マリア スカラシップⅡの授与式を行いました

2015年06月02日 【 学生支援

 5月29日、ラファエラ・マリア スカラシップⅡ(在学型奨学金)の授与式が行われました。  この奨学金は前年度の成績評価と学生会活動の実績、成果をもとに選考されるものです。清泉女学院大学2年生2名、3年生4名、4年生1名、清泉女学院短期大学幼児教育科2年生5名、国際コミュニケーション科2年生4名、合計16名がそれぞれ10万円の奨学金を給付されました。  「清泉女学院の創設者である聖ラファエラの名をいただいたこの奨学金は、大変名誉な賞であり、誇りに思ってほしい。」という学長の挨拶のもと、学長から直々に通知書を授与された学生はやや緊張気味でしたが、最後に笑顔で記念写真を撮りました。  1年生は9月

詳細を見る

2015年度 共同研究発表会を開催しました

2015年05月28日 【 お知らせ

 5月27日(水)に、2015年度の共同研究発表会を開催いたしました。  今回の発表では、2014年度に採択された研究課題の研究成果について、 以下の発表が行われたました。 ①「平和学の父ヨハン・ガルトゥング考案による紛争転換SABONAマット法を      日本の学校教育の場で展開するための方法の開発とその効果の測定」   (発表者:人間学部 室井 美稚子 教授) ②「地域社会におけるデジタル映像とフィルム文化の継承                        - 映画館と学校を中心に-」   (発表者:人間学部 山貝 征典 講師) ③「水中運動前後の体温変化について」   (発表者:幼

詳細を見る

1...56789...24