清泉女学院大学 清泉女学院短期大学

  1. トップページ
  2. TOPICS 記事一覧

TOPICS 記事一覧

びんずる市プロジェクト(文化学科)のご案内
学生制作の商品を一般販売します!

2018年09月06日 【 お知らせ 】 大学

文化学科(2018年4月開設)で始まった新しい学びとして、学科の学生全員が何らかのプロジェクト(企画)に参画していく活動の一環として、私たちのチーム「Rapport(ラポール)」が企画・制作した商品を、「びんずる市(善光寺境内)」で一般販売します。お店の名前はズバリ「Rapport(ラポール)」です。文化学科のコンセプトである、「つむぎ、つなぎ、つくりだす」に基づいて、着物をリメイクし、イヤリング、がま口ポーチ、トートバック、エプロンをつくりました。どれも趣のある作品になっているので、是非多くの方に足を運び手にしていただきたいです。文化学科の1年生がお店でお待ちしています。 【販売日・販売場所

詳細を見る

「信州ベンチャーコンテスト2018~あなたが創る!信州の未来!~」発表者が決定!
松林莉奈さん(心理コミュニケーション学科3年)が選ばれました。

2018年08月30日 【 お知らせ 】 大学

「信州ベンチャーコンテスト2018」において、応募総数61件(高校生部門13件、アイデア部門23件、起業部門25件)の中から、心理コミュニケーション学科3年の松林莉奈さんが、アイディア部門発表者として選出されました。発表テーマは「リノベーション移住」です。9月15日(土)に公立諏訪東京理科大学においてプレゼンテーションが行われます。この発表会では200名の観覧者も募集しています。松林さんの健闘をお祈りいたします。「信州ベンチャーコンテスト2018」 プレゼンテーション発表者 一覧https://www.pref.nagano.lg.jp/service/happyou/documents/ha

詳細を見る

山﨑浩先生(幼児教育科)が初の作品集「ありがとう こころをこめて(CDと楽譜集)」を発表!

2018年08月22日 【 お知らせ|幼児教育科 】 短期

 幼児教育に関わって22年、清泉女学院短期大学幼児教育科教授で声楽家、作曲家の山﨑浩先生が、「童謡100年」の今年、全国に向けて「新しい子どもの歌」CDを発表します。これまで子どもとの関わりの中で創作してきた作品をCDと楽譜集として9月5日同時発売します。 山﨑先生の幼稚園勤務時代の作品「ありがとう こころをこめて」が、全国の幼稚園保育園こども園で卒園ソングの定番として広く歌われるようになったことをきっかけに今回この企画が実現しました。 保育の現場はもちろん、ご家庭で親子の心のふれ合いに、子育てや保育に関わる多くの皆さんにも広くお聴きいただき、歌っていただきたい、新しくやさしい歌の数々です。ま

詳細を見る

夏休み! オープンキャンパスのにぎわいも最高潮です。

2018年08月07日 総合


8/5上野キャンパスOC

夏休みになりオープンキャンパスのにぎわいも最高潮です。7月29日(日)開催の看護学部オープンキャンパス(ホテルメルパルク長野)では、高校生と保護者総勢160名が参加。模擬授業・看護演習体験・保護者説明会・個別相談を体験しました。次回は8月26日(日)、夏休みは終わっているかもしれませんが、設置認可申請中の新しい清泉ならではの看護教育を、どうぞご体験ください。8月5日(日)の大学:文化学科・心理コミュニケーション学科、短大:幼児教育科・国際コミュニケーション科では、高校生と保護者総勢240名、本学の学生・教員を合わせて300名以上の大きなイベントとなりました。こちらのオープンキャンパスは、夏休

詳細を見る

7月13日、第35回学長杯英語スピーチ・レシテーション・コンテストが行われました。

2018年07月16日 総合

清泉女学院では、在学生の英語表現力を高めるため、毎年「学長杯スピーチ・レシテーションコンテスト」を開催しています。課題文を暗唱するレシテーション部門と自ら文章を考えて発表するスピーチ部門には、短期大学生(国際コミュニケーション科)、大学生合計25名が参加し、日頃の学習成果を競い合いました。結果は次のとおりです。 レシテーションの部:参加者10名(短大1名、学部9名) 1位 学部   日比野 郁夏 2位 学部   笠原 佑菜 3位 学部   杉田 智奏スピーチの部:参加者15名(短大7名、学部8名) 1位 学部   海沼 千佳子 2位 学部   小林 春奈 3位 学部   船越 三奈

詳細を見る

韓国の姉妹校の学生と交流授業を行いました(国際コミュニケーション科1年、2年)

2018年07月09日 【 国際コミュニケーション科 】 短期

今年もソウルにある姉妹大学のハニャン女子大学実務日本語科30人の学生さんが清泉を訪れました。 オープニングセレモニーは、国際コミュニケーション科2年村田ゼミの学生と、清泉の学生とハニャンからのセメスター留学生が歓迎会などを企画準備しました。 村田ゼミ7名はチマチョゴリと浴衣を着て、歓迎のバナーとともに30名を迎えました。村田ゼミの進行で、両校の挨拶や記念品の贈呈、ハニャン学生が練習を重ねてきた日本の歌やK-POPのダンスの披露がありました。にぎやかな昼食の後は、セメスター留学生3名の清泉での留学生活についてのプレゼン。いっそう上達した日本語に引率のイ・ビョンマン先生も驚いていました。 キャンパ

詳細を見る

7月4日(水)、認定こども園 古牧東部保育園園長の渡辺徹先生の講演を聞きました。

2018年07月04日 【 幼児教育科 】 短期

7月4日(水)、幼児教育科1年生の保育者セミナーで、社会福祉法人はちす会 認定こども園 古牧東部保育園園長の渡辺徹先生に「乳幼児教育に何が求められているのか?古牧東部保育園の実践から?」と題して講演をいただきました。保育とは、どのような取り組みなのか、保育者として、子どもや保護者とかかわるうえでの心構え、そして、保育者として必要な能力とは、どのようなものか、など、多岐にわたるテーマについて、具体的な、保育現場での写真や動画を含めて、丁寧に、お話し下さいました。保育の理論的な枠組みと現場での実践のつながりについての貴重なお話を頂きました。学生にとって、保育者セミナーⅠ内で複数回行われた「全体講演

詳細を見る

「おしゃべり同期会」~この春卒業した仲間たちが集いました~

2018年06月28日 【 キャリア支援センター 】 総合

今春の卒業生を対象とした「同期会」を長野市内のホテルで賑やかにおこないました。卒業後、それぞれ新たなスタートをして2ヶ月が経ちました。仕事や新しい生活に少しずつ慣れてきたものの、現実のギャップや厳しさを実感してストレスも溜まり始めている人が多いこの時期に、同期の仲間や教職員と今の思いを語り、励まし合い、そして学生時代の思い出話で笑い発散することで、明日からの活力になるようにとこの会を開催しました。 ランチをいただきながらおしゃべりに花を咲かせ、ビンゴゲームで盛り上がり、楽しい時間はあっという間に過ぎました。みなさんの笑顔がとても印象的でした。何人からは「明日からまた頑張ろうね!」と前向きな言葉

詳細を見る

今年度初めてのオープンキャンパスを6月23日(土)に上野キャンパスで開催しました。

2018年06月26日 【 イベント|広報 】 総合

 大学の心理コミュニケーション学科・文化学科と短大の幼児教育科・国際コミュニケーション科の、今年度初めてのオープンキャンパスを6月23日(土)に上野キャンパスで開催しました。 学科ごとに学科紹介、模擬授業、学生発表、キャンパスツアーなどを企画し、それぞれに高校生と保護者をもてなしました。各地からシャトルバスを用意し、東信や中信地区からもたくさんの参加者がありました。かわいくておいしいと評判のランチボックスを皆さんで召し上がっていただきました。 上野キャンパスでのオープンキャンパスはあと4回、8月は総勢350人の大きなイベントになり、シャトルバスも定員いっぱいで予約ができなくなる場合がありますの

詳細を見る

平成30年度 第2回一人暮らしの生活講座
『こっこ先生の手作りお弁当講座』を行いました

2018年06月26日 【 学生支援 】 総合

 第2回「一人暮らしの生活講座」はフードコーディネーターの宮澤佳代子先生をお招きし、『こっこ先生の手作りお弁当講座』を行いました。 今話題の、作り置きできるおかずとして「鶏むね肉の南蛮漬け」、天ぷらを揚げなくてもできちゃう「えび天風おむすび」を作りました。そして「ゆで玉子の飾り切り」で簡単にできる飾り切りを教わりました。 材料に長期間保存できる乾物や安くて栄養のある鶏むね肉などを使ってのお弁当作りは、1人暮らしの家計にも優しくそして栄養のバランスも取れ一人暮らしの学生にとって大変役立つ講座でした。 最後は、ゆで玉子の飾り切りを教わり、みんな真剣にゆで玉子とにらめっこして飾り切りをしていました。

詳細を見る