清泉女学院大学 清泉女学院短期大学

  1. トップページ
  2. INFO & TOPICS
  3. TOPICS 記事一覧

TOPICS 記事一覧

ラファエラ・マリア スカラシップⅡ(在学型)奨学金支給通知書授与式を開催しました

2018年11月16日 【 学生支援 】 総合

 2018年10月29日に「ラファエラ・マリア スカラシップⅡ(在学型)」の奨学金支給通知書授与式が行われました。  この奨学金は今年4月に入学した新入生のうち、申請のあった学生の中から春学期の成績基準を満たし、学生会活動などの実績、成果をもとに選考されるものです。  清泉女学院大学人間学部心理コミュニケーション学科4名、文化学科1名、清泉女学院短期大学幼児教育科1年生4名、国際コミュニケーション科4名の合計13名がそれぞれ10万円の奨学金を給付されます。おめでとうございます。

詳細を見る

文化学科特別講演会「ジブリとアニメ文化」が開催されました。

2018年11月15日 【 イベント 】 大学

 11月10日(土) 午後、市内の長野NBSホールにて、文化学科設置記念の特別講演会『ジブリとアニメ文化―日本文化の普遍性をつなぐ』が開催されました。  当日は70名ほど方々にお集まりいただき、株式会社スタジオジブリの制作業務部取締役部長の野中晋輔氏によるご講演をお聞きしました。野中氏は「ジブリの生き字引」とも言われる方で、これまで宮崎駿氏や高畑勲氏と共に過ごしてこられた方です。  講演ではスタジオジブリ設立の経緯、作品制作でのこだわり、今後の取り組みについて等のお話を伺うことができました。  その後の本学芝山学長とのトークセッションの中では、ジブリ作品を世界に送り出す中で感じる文化の違いにつ

詳細を見る

長野市観光PRビデオを制作

2018年11月15日 大学

現代コミュニケーションコース(人間学部心理コミュニケーション学科)の授業「プロジェクト・マネジメントII」で、長野市観光PRビデオの制作を、ながの観光コンベンションビューローの協力をえて毎年行ってきました。 これまでは主に善光寺界隈で撮影をしてきましたが、今年は戸隠エリアをPRしようと、戸隠そばと忍者をテーマとしたビデオを製作しました。 撮影にあたり、学生たちは戸隠で現地調査を行い、また蕎麦打ちや戸隠忍法の専門家の方々にご指導・ご協力をいただきました。 学生が企画、撮影、編集を行い、日本語版と英語版のビデオを作成しました。 このビデオは、長野駅デジタルサルネージやYouTubeにて観ることが

詳細を見る

第15回長野県高校生英語スピーチコンテストに多くのご参加ありがとうございました

2018年11月12日 総合

11月11日(日)「第15回長野県高校生英語スピーチ・レシテーションコンテスト」が行われました。県内各地から多くの高校生が参加し、レシテーション部門:15名、スピーチ部門:11名による発表が行われました。 レシテーション部門は課題3種類のうちのひとつを暗唱、朗読するものでしたが、同じ文章でも、表現力豊かな話し方により、参加者それぞれで、伝えたい印象がまったく異なり、聞く人を魅了しました。 スピーチ部門は、テーマを「My Japanese Culture」とし、参加者自身の経験を踏まえ、パワーポイントでの映像を駆使して日本文化の紹介をしました。様々な工夫がほどこされたスピーチは、分かりやすく堂々

詳細を見る

MASAKing(マサキング)さんが特別授業を行いました

2018年11月12日 【 幼児教育科 】 短期

幼児教育科の山﨑先生の授業で、ミュージシャン/プロデューサー/音楽教育家として活躍のMASAKing(マサキング)さんを招き、電子楽器による特別授業が行われました。 過日開催のキッズカルチャーEXPO2018へのご出演がご縁で実現しました。 エデュケーションとエンターテインメントの世界を繋げ、これからの時代を見据えた新しい音楽教育メソッドの確立と普及を目指すマサキングさんの指導を受け、電子楽器を取り入れた音楽を体験し、学生たちは新しい発見をしながら楽しい時間を過ごしました。 【MASAKing(公式ホームページ)】http://masaking.asia/

詳細を見る

「日韓交流トークショー」開催!

2018年11月09日 【 国際交流センター 】 総合

韓国・漢陽(ハニャン)女子大学と本学は姉妹校関係にあり、その交流の歴史は長く、毎年お互いの学生が行き来しています。現在、清泉に一学期間(約4か月)在学しているセメスター交換留学生は4人で、9月から長野・清泉で生活し、勉強しています。 その4人が、このたび「日韓交流トークショー」を企画し、本学の音楽堂で開催しました。テーマは、「K-POPとJ-POP」「日韓の高校生活」。K-POPは、日本の10代、そして本学の学生にも大人気。高校生活も、"ついこのあいだ"のこととして、とても身近なトピックです。K-POPは、アーティストがクイズ形式で紹介され、曲がスクリーンに映し出されると、口ずさんだり、身体を

詳細を見る

第36回中国語スピーチコンテスト長野県大会に学生が出場、入賞いたしました。

2018年10月05日 短期

9月30日に「第36回中国語スピーチコンテスト長野県大会(長野県日中友好協会ラジオ孔子学堂主催)」が開催され、課題を中国語で読み上げる⎾朗読⏌と、自身の体験を話す⎾弁論⏌の2部門で、中国語を学ぶ出場者が日頃の学びの成果を競いました。 本学からは短大から7人が参加し、竹前実南さん(国際コミュニケーション科1年)が2位、古平弥愛さん(幼児教育科1年)が3位、岸田早由里さん(国際コミュニケーション科2年)が奨励賞を獲得、大いに健闘いたしました。

詳細を見る

今年も行ってきました! 地域づくり交流会 in 長崎ウェスレヤン大学
【国際コミュニケーション科ビジネスコース・武田ゼミ】

2018年09月21日 【 国際コミュニケーション科 】 短期

 9月9日~9月12日3泊4日で、長崎県を訪問する大学交流プログラムに参加しました。 このプログラムでは、諫早市にある長崎ウェスレヤン大学経済政策学科の学生たちと「地域づくり」活動について相互に発表をした後、地方都市出身で地元進学をした学生同士、地元の良さや不満、日々の生活のこと、就職のことについてざっくばらんに語り合いました。人口減少が続く地方都市に暮らす普通の若者はどんなことを幸せだと感じているのか?共通点もあれば県民性による違いもあり、とても盛り上がる交流会でした。参加学生の感想は以下です。【KRさん】 人生ゲーム的なすごろくを使って自己紹介をしたことで、ウェスレヤン大学の方と話しやすく

詳細を見る

人間学部文化学科で「ミステリ―ツアー」をやりました。

2018年09月13日 大学

 9月2日に文化学科では、ちょこっとオープンキャンパスと題して、「ミステリーツアー」を開催しました。12名の高校生が参加し、大学生4名と教員3名で実施しました。 この企画は、大学で学ぶことの面白さと楽しさを体感してもらう目的で開催しました。朝、大学のバスで市内のとある場所に行き、午前中はIpadと調査用紙を持ってフィールドワークを行いました。行きと帰りのバスの中では「謎解きクイズ」があり、参加者たちはどこに行くのか、何を発見するのかなど、推理と記憶を働かせながら、楽しい時間を過ごしました。大学に戻り、学食でお洒落なワンプレートランチを食べて、午後からは調査をまとめるワークショップを行いました。

詳細を見る

びんずる市プロジェクト(文化学科)のご案内
学生制作の商品を一般販売します!

2018年09月06日 【 お知らせ 】 大学

文化学科(2018年4月開設)で始まった新しい学びとして、学科の学生全員が何らかのプロジェクト(企画)に参画していく活動の一環として、私たちのチーム「Rapport(ラポール)」が企画・制作した商品を、「びんずる市(善光寺境内)」で一般販売します。お店の名前はズバリ「Rapport(ラポール)」です。文化学科のコンセプトである、「つむぎ、つなぎ、つくりだす」に基づいて、着物をリメイクし、イヤリング、がま口ポーチ、トートバック、エプロンをつくりました。どれも趣のある作品になっているので、是非多くの方に足を運び手にしていただきたいです。文化学科の1年生がお店でお待ちしています。 【販売日・販売場所

詳細を見る